ドラマ「相棒 season16」 4/5 (1)

ドラマ「相棒 season16」は、2017年10月開始、水曜21時から放送のテレビ朝日ドラマです。

水谷豊さん演じる杉下右京が事件を解決していく大人気シリーズの16作目。

今回は、そんな「相棒 season16」のあらすじ、キャスト、評価・感想をまとめてみました。

-----スポンサーリンク-----

相棒16のあらすじ

自身の妻を相次いで殺害した連続殺人事件の容疑者である大富豪の平井(中村俊介)が、弁護士の慶子(中村ゆり)を通じて警視庁を告訴した。

自分は無実で、右京(水谷豊)や亘(反町隆史)らの脅迫によって自供を迫られたというのだ。

特命係に敵意を抱いている法務事務次官の日下部(榎木孝明)は、旧知の検察官・田臥(田辺誠一)に、東京地検で告訴状を受理するよう指示。

狙いは、脅迫罪の立件ではなく、「特命係を違法捜査で立件する」というものだった。

密命を受けた田臥は、特命係を訪れると共に、美彌子(仲間由紀恵)や幸子(鈴木杏樹)にまで事情を聞き、ジリジリと包囲網を狭めていく。

いっぽう、その状況を知った副総監の衣笠(大杉漣)は、かねてから敵視している峯秋(石坂浩二)を、特命係もろとも葬り去ろうと謀略を巡らせていた。

特命係を潰すために動き出した権力者たち。

組織内で孤立無援となった右京と亘は包囲網をくぐり抜け、連続殺人事件の真相を解明できるのか!?

相棒16のキャスト一覧

キャスト
杉下右京 水谷豊
冠城亘 反町隆史
月本幸子 鈴木杏樹
伊丹憲一 川原和久
芹沢慶二 山中崇史
角田六郎 山西惇
青木年男 浅利陽介
益子桑栄 田中隆三
大河内春樹 神保悟志
中園照生 小野了
内村完爾 片桐竜次
日下部彌彦 榎木孝明
衣笠藤治 大杉漣
社美彌子 仲間由紀恵
甲斐峯秋 石坂浩二

相棒16の評価・感想

今作でも右京さんの魅力は健在

妻殺しの夫との対決と特命係を潰そうとする検事の2つの戦いでドラマは進んで行きました。

いつもと変わらない杉下右京の推理力がドラマを面白くしていました。

また相棒との息の合った感じがとてもコミカルで面白かったです。

★★★★★

今回の犯人のサイコパスぶりときたら、思わずぎょっとしてしまいました。

過去の相棒に登場した数ある殺人鬼の中でも、あの切り裂きジャックの浅倉に並ぶ異常性を感じました。

そして右京さんの記憶力の良さにビックリした次第であります。

★★★★

やはり安定の面白さ

やっと新シリーズが始まり、とても楽しみにしていました。

初回から放送時間が長く見ごたえのある作品だと感じました。

シリーズが新しくなるにつれてお話が入り組んでいったり、先が読みにくくなっているのでいつまでも次のお話が気になるようになっていて楽しいです!

★★★★

初回拡大スペシャルということで始まった相棒season16ですが、1話では話が完結せず2話に続きます。

1話を見た感想としては、前回のseason15などの設定を多く引き継いでいる所が、往年の相棒ファンを引き付けているなと思いました。

ただ初めて見る方は、ストーリーの展開に少々困惑気味で見る事になるかもしれないので、そこは少し残念かもしれません。

特命係を潰そうとした人間は過去に何人も居ましたが、結局特命係が無くなる事はありませんでした。

なので、今回もどうせ勝つんだろうと見ていますが、それが相棒のある意味お約束な所もあるので、割と飽きずに楽しんでいます。

今までに杉下右京と相棒は、警視庁や警察庁と戦いましたが、今回は法務省と地検が相手なので、新しい組み合わせの人間が見られるのも面白いと思いました。

これからの話の展開に目が離せないです。

★★★★★

監督・脚本は変わらず、橋本さん、輿水さんがやられています。

シーズン16でもネタが尽きないのが面白いです。

反町さん、仲間さんが出ている点も良いです。

冒頭はいきなり特命係が消滅しそうになるところから始まります。

もし消滅してしまったら…ドラマ終了ですかね。

そんな窮地から始まります。

そこを主役の水谷さんの名知能でなんとかするわけですが…。

毎回ゲストで出てこられる方も良いですね。

★★★★

いかに事件を解決するかに注目

いろんな人から忠告を受けながらもそんなことはお構いなしに、いつも通り自分たちが気になる所から捜査を続けていく特命係の2人は、その独自の捜査から次々と事件についての糸口や証拠を見つけ出していくところがやはりすごいなと思いました。

★★★★★

シーズン16では新展開が!?

毎年観ている相棒ですが、今シーズンは甲斐峯明さんがずいぶん絡んできそうですね。

最初の頃から知っているので昔活躍していた人たちが少しづつ減ってしまい、寂しいと思っていましたが月本幸子さんや社さんの登場があると嬉しいです。

今回は初回2時間スペシャルではないことに驚きました。

まわりの様々な思惑があっても、杉下さんは常に真実を追求しようという姿勢は崩しません。

特命を巡って色んなことが動き出しそうですが、今シーズンどう絡んでくるのか結末に向けて今から楽しみにしています。

★★★★

season16の相棒は、今までかなり好き勝手な捜査をしていた特命係の存続がテーマなのかな?と思います。

シーズンを通して、数々の敵が特命係を潰しにかかってきそうです。

もちろん今までもそんなことはあったんですが、今度はかなり手強いのかなと思います。

最終的にはまた右京さんが長期謹慎となってロンドン行っちゃう?みたいな終わりになりそうです。

そうなると相棒は交代なのかなあと思います。

今シーズンはまだ2回ですが、数々のドロドロした思惑が混ざりあって、なかなか面白いのでは?と思います。

次は正月特番あたりで日下部がまた作戦を練ってくるのではないでしょうか。

またまた、田辺誠一さんも登場しそうですね。

全体を通して面白くなりそうなので期待しています。

★★★★★

自分は相棒って一番最初の亀山香の相棒が一番好きでした。

回数を重ねていくうちに、結構末端の組織がどういう訳か国の情報部と絡むケースが多くなっているのが気になります。

身近な事件ではなく国家を揺るがす事件が多くなってきている。

★★★★

正直、話が行ったり来たりする校正でよくわからない点もありましたが、今回は、検察側が敵になるので今までにあまりなかったストーリーは面白いかな…と。

相変わらずな捜査1課と仲間さんとの関わりも印象に残りました。

★★★

待ちに待った相棒新シリーズですが、田辺誠一さんがキーパーソンになるのでしょうか?

相棒シリーズに田辺誠一さんがキャスティングされた事にびっくりしたのが正直な感想です。

特命係の今後の捜査はどうなってしまうのかが気になりますね。

青木年男(浅利陽介さん)の行動でかき乱される展開ですが、ちょっと浅はかな気がします。

もう少し内密感があっても良かったんじゃないか?

でも、それが今後の展開に影響するのかもしれないのでそこは楽しみにしています。

★★★

マンネリ化が進んでいると思いあまり期待してはいなかったのですが、新キャラの田辺誠一がクセのあるキャラでこれから話にどうやって絡んでくるのか楽しみになりました。

中村俊介も嫌な男の役でしたが、相棒の二人がどうやって犯罪を暴いていくのか気になります。

前のシーズンより今回の方が続きが気になるので楽しみです。

★★★★★

警視庁特命係が訴えられるという展開。

ついに来たか、という感じです。

捜査権がないのに捜査していたとなると、このご時勢大問題になりますのでついにメスを入れてきたな、と思いました。

今までは好き放題謎解きをしていた右京さん、このままでは済まないと冠城くんに宣言しましたがどうするつもりなのか気になります。

★★★

マイナス評価

浅見光彦ファンとしては中村俊介さんと榎木孝明さんを楽しみにしていました。

第1話ということで期待していましたが、予想外の展開や驚きなどが薄かったように感じます。

中間さんや浅利さんの立場もあいまいでまだひっぱるつもりなのかと思ってしまいました。

そろそろ新しい展開があるといいです。

★★★

もぅシーズン16にもなるのか!と期待していた相棒16だが、なんだかぱっとしないし、なんだかよくわからず、面白くなかった。

テンポが悪い。

だらだらと回想ばかりで、話を追うのに必死になってドラマを楽しめない。

相変わらず、杉下右京の魅了は満載なので、だらだらとこちらも続けて見てみたいと思うのが不思議です。

★★

総合評価

4/5 (1)

あなたの感想もお聞かせください

この作品の評価を5段階で投票してください(星が多いほど高評価)。

コメント等ありましたら、下記コメントフォームよりお待ちしております。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ