ドラマ「アシガール」 4.5/5 (2)

ドラマ「アシガール」は、2017年9月開始、毎週土曜18時5分から放送のNHKドラマです。

森本梢子さん原作の同名少女漫画を実写化したもので、戦国時代にタイムスリップした女子高生と武将の恋を描いた作品。

今回は、そんな「アシガール」のあらすじ、キャスト、評価・感想をまとめてみました。

-----スポンサーリンク-----

アシガールのあらすじ

速川唯(黒島結菜)・十六歳。

走ることだけが得意な唯だが、明るい高校生活をなんとなく送っている。

しかし、ある満月の夜、発明好きの弟の尊(下田翔大)が造ったタイムマシンで、戦国時代に送り込まれてしまう。

目覚めた唯は激しく混乱するが、なんとかよろいを手に入れて足軽隊に混じる。

素性を疑われて、「唯之助」とごまかす唯。

絶望していた唯だが、目の前にりりしい若武者が現れ一目惚れする。

彼こそが、戦国大名羽木(はぎ)家の嫡男、羽木九八郎忠清(健太郎)だった。

なりゆきで、農村の吉乃(ともさかりえ)のもとに息子の唯之助として身を寄せる唯。

いつ現代に戻れるとも知れぬまま、忠清にまた会いたい一心で城を目指すが・・・。

アシガールのキャスト一覧

キャスト
速川唯/唯之助 黒島結菜
羽木九八郎忠清 健太郎
羽木成之 松下優也
吉乃 ともさかりえ
松丸阿湖 川栄李奈
速川覚 古舘寛治
速川美香子 中島ひろ子
速川尊 下田翔大
天野小平太 金田哲
(はんにゃ)
天野信近 飯田基祐
如古坊 本田大輔
木村先生/木村政秀 正名僕蔵
千原元次 升毅
田中美里
羽木忠高 石黒賢
天野信茂 イッセー尾形
ふき 中村静香
あやめ 森優作
悪丸 MAX
源三郎 篠田諒
遠太 大窪人衛
千吉 竹井亮介
画治郎 森下創
勘兵衛  水野智則
坂口寿久 山本龍二
有山永季 稲荷卓央
松丸義次 中山義紘
三之助 庵原匠悟
孫四郎 秋元麟
-----スポンサーリンク-----

アシガールの評価・感想

唯が可愛い

主人公の女子高生が一途で可愛いです。

若君様のお役に立ちたいとまっしぐらで、いじらしいです。

若君に「お前はフクか?」と聞かれて、「そんな姫は知りません」とわざわざ姫と言ったのでバレてしまったと思い、笑ってしまいました。

ちょっとおバカな言動も面白いです。

★★★★★

ドラマ「アシガール」のよいところは、主人公の唯ちゃんがとっても可愛い美少女ということです。

イケメン若君様との2ショットが本当に美しいです。

原作では唯は普通の女の子でそこが親しみの湧くところなのですが、やっぱり映像となると美少女の方が見ていて、心がウキウキします。

ただ、放送の時間帯が若い子供も見られるせいか、漫画でドキッとしてしまったお色気?シーンがカットされていた部分があり残念でした。

ドラマと原作の漫画のストーリー中身が違うところが多々あり、それを発見することもおもしろさの一つになっています。

純粋にドラマを楽しむこともできますが、漫画の原作を知っている人は同じ部分と違う部分探しというゲームもできてさらに楽しめます。

6話からは若君様がタイムトリップして現代に行きますが、現代でどのように過ごすのかとっても気になります。

★★★★★

最初はありきたりなタイムスリップものかとうがった目で視聴いましたが、若君への思いだけでひたすら走り続ける女子高生の一途さにドキドキさせられる作品です。

周囲のキャスト陣の演技も上手でコミカルなストーリーとシリアスなシーンがバランスよく描かれていると思います。

★★★★

1話の感想ですが、唯の性格が素直で分かりやすく何とかなるさ精神が好感でした。

初めて戦国時代にタイムスリップしてからの状況にも適応しながらの行動の活発さがくどくなくテンポも良かったです。

また忠清との初対面のシーンはそこだけで忠清が聡明で賢い人物だと言う事が伝わって来ました。

歩き方、腰を卸す姿勢等、所作のひとつひとつにも成り立ちの良さが表現されてる気がして綺麗で格好良かったです。

個人的に唯の大アクビとか炊きたてご飯の香りに顔を綻ばせてる姿とか僅かなシーンも自然で黒島さん自身の魅力なのか唯なのか分からないですが最後まで観たいと思わせる主人公だと感じました。

★★★★★

主人公の唯が好きな人のためにひたすら走りまわっている姿が微笑ましくてとても可愛いです。

脚本や衣装など細かい所までしっかりと作られているので説得力があります。

忠清や成之と唯の関係がどうなっていくのか楽しみです。

★★★★

今までにない斬新な設定

始めてみたとき、面白い発想だし、今までにないドラマだと思いました。

歴史上の人物に会えるなんて夢のあるドラマだし、そういうことが出来たら面白い。

また、この主人公の家族も温かくて、お母さんがおおらかでいいなと思いました。

★★★★★

現代と過去をタイムスリップして、行ったり来たりするドラマは他にもありますが、女子高校生が足軽になる、というのは斬新な設定だなと思いました。

頻繁に現代と過去を行ったり来たりできるので、知識を詰め込んで、食料などを持って行けるのも良いなと思います。

★★★★

女の子の一途な恋心から足軽になったというストーリーが新鮮で楽しめました。

また、出演している俳優も注目されている方が多かったのも魅力に感じ、今後の展開も楽しみです。

ただ、個人的に時間帯がもう少し遅いと見やすいと思いました。

★★★★

まず女子高生がタイムスリップってありがちだと思ったけど、まさかの足軽になるという設定が面白いです。

制服と髪型が足軽に見えなくもないところもユニークな発想だと思いました。

原作と多少ストーリーが前後してるところが残念だと思いましたが、ドラマ的にはその方がいいのかな?

唯のお父さんとお母さんの仕事の設定が原作と全く違うのも、きっと今後のストーリー展開を考えてのことかな?と思いますが、お父さんが頼りない気がしました。

若君は最初あんまりかっこよくないと思ってましたが、観てるうちに若君に見えてきて、とても役柄に合ってると思います。

★★★★★

か弱い女性が戦国時代に走りを武器にして活躍しますが、その戦いぶりには感心しますね。

果たして既存の歴史を変えられるのかが面白いところです。

うまく若様に会ってその生命を助けるのではと思っています。

★★★★★

原作漫画ファンも納得

もともと原作漫画のファンです。

こちらの作者の漫画は映画化やドラマ化が多く期待してました。

主役が黒島ゆなちゃんで心配でしたが、演技が上手くなっていました。

健太郎君もイメージとは違ったのでがっかりしてましたが流石、役者さんですね。

毎回録画して楽しく見させてもらってます。

★★★★

原作を読んでいたのでドラマ化になるには不安もありましたが、世界観はよく再現されているし面白かったです。

ライトな時代劇で若者にも観やすい内容でした。

原作ファンとしては、若様のかっこよさをどう表現していくのか今後期待しています!

★★★

大人も子供も楽しめる

ドラマは子供向けのものかと思っていましたが内容がしっかりしていて親子で楽しむことができました。

助けたいと思っていてもなかなか助けることができないと言うジレンマを抱えているところが見ていて、今後どうなるかワクワクするところです。

★★★★

マイナス評価

黒島結菜さんが時代劇に挑戦?と思って見てみたものの、キャラが明るく元気な女子高生、という「時をかける少女」とほぼ同じだったので非常にがっかりしました。

彼女のはきはきした清涼感は魅力ですが、そろそろ陰りのある役どころの彼女が見たいです。

★★

総合評価

4.5/5 (2)

あなたの感想もお聞かせください

この作品の評価を5段階で投票してください(星が多いほど高評価)。

コメント等ありましたら、下記コメントフォームよりお待ちしております。

1件のコメント “ドラマ「アシガール」”

  1. ナキウサギ より:

    塩顔イケメン若君カッコイイです。唯ちゃん可愛い。ドラマも面白いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ