映画「カラスの親指」 まだ評価がありません

カラスの親指

俳優・阿部寛とお笑い芸人・村上ショージの
コンビが繰り広げる詐欺師の物語。

2008年の直木賞候補にもなった
道尾秀介の作品を2012年に映画化。

詐欺師の物語だが、ユーモアと人情味が溢れる名作。

-----スポンサーリンク-----

カラスの親指のあらすじ

武沢竹夫ことタケ(阿部寛)は、ベテラン詐欺師。

自殺をしようとして鉄橋から下を覗き込むテツ(村上ショージ)を拾い、
2人はコンビで詐欺の仕事を始めることになる。

上野で一仕事を終えた帰り、スリに失敗した少女・まひろ(能年玲奈)を助け、逃がしてやる。

生活に困っていたまひろにタケは一万円を渡し、
「困ったらウチらのところにおいで」と誘う。

まひろは、姉のやひろ(石原さとみ)とその彼氏の貫太郎(小柳友)を引き連れて、
タケの自宅に押し寄せ、5人は妙なことから共同生活を送ることとなる。

ワケありたっぷりの5人はその後、
一世一代の詐欺の大勝負に挑むことになるのだが。。。

カラスの親指の評価・感想

「詐欺師の話」ってあまり見たことないなぁと思い、
蔦屋で手にしたことがきっかけで見ることにしましたが、大当たりでした。

元々、阿部寛さん主演の作品にハズレは少ないと聞いてたので
少し期待して見たのですが、素晴らしい作品でしたね。

前半は詐欺の手口がよく分かります。

中盤は見えない敵に襲われるようなスリル感があります。

後半はすべての伏線が回収される満足感があります。

あっという間に見終わってしまい、おもしろかったですが
突っ込みどころも結構あります。(良い意味で)

その中で、私が特に感じたシーンをひとつお伝えします。

能年玲奈が可愛い

カラスの親指 能年玲奈

能年玲奈(今では芸名を変更して”のんちゃん”でしたっけ?)が
スリの常習犯として登場します。

阿部と村上がスリを失敗して逃げる能年を助けたことがきっかけで
知り合うのですが、村上の「ウチにおいで」というセリフ。

どう見ても40代50代の冴えないオッサン二人にそんなこと言われて
10代の女の子が普通着いていくわけないでしょうが!!

しかも、詐欺師。。。

いくら家賃滞納でアパート追い出されるからって・・・まぁ映画ですからね。
この出会いのシーンがちょっと現実離れしてたかなぁ。

公開が2012年なので「あまちゃん」で有名になる前のあどけない感じで
能年玲奈が非常に可愛いかったのが印象的です。

洗脳なのか何なのか詳しいことは知りませんが、事務所と喧嘩して
半分干されてしまったのが残念ですね。

あのままいけばいい女優さんになれた気がしたので。

この映画を見るたびに、残念だなと思う反面、
芸能界での事務所独立問題の闇を感じますね。

詐欺の恐さと我々が出来ること

カラスの親指 詐欺師

主人公のタケは、ただ普通にまじめに働いてたサラリーマンだったのが
知人の保証人になったことが原因で闇金に追い回され、
しまいには一人娘まで放火で亡くしてしまう過去を持つのですが、
こんな目に遭ったら自分なら立ち直れないなと思いますね。

この映画を見て、保証人にだけは絶対にならない!と肝に銘じました。

また、詐欺に遭う理由は、運がないのという理由は勿論ですが、
その多くの人が「知識不足」が理由なんじゃないかと思いましたね。

はじめに言っておきますが、詐欺をするのは100%騙す方が悪いです。

しかし、そういう悪者に騙されない為に知識を持つことも大事だと思います。

社会のお金の流れはどういう仕組みで行われているか、
年金や保険の仕組みはどういう構造によって運営されているのか、
投資や信託や相続税の仕組みや法律はどうようになっているのか、等々。

私事ですがこの映画を見たのがきっかけで
FP(ファイナンシャルプランニング)技能士2級の国家資格を取得しました。

大まかな仕組みが分かっているだけで、
いざ詐欺師が近づいてきた時に対処できるので
安心感が生まれましたね。

いつか詐欺師が友人や親戚に近づいてきた場合に
ギャフン!と言わせたいと思っています。

新宿での別れのシーンは感動

共同生活を送っていた5人の朝の別れのシーンは印象的です。

ロケは新宿の東京モード学園の前あたりのストリートだと思いますが、
朝一番なので人通りはなく、都会だが静まり返っている空気感を感じ、
何故か別れのシーンがより一層物哀しく映ります。

ココのシーンが一番好きです!

新宿のあの通りに行くといつもこの映画のシーンを思い出してしまいます。
是非ご覧あれ。

あの古坂大魔王も出演!

最後に余談ですが、この映画にいまPPAPで話題の
「ピコ太郎」こと古坂大魔王さんがヤクザ役で出演しています。

しかも、チョイ役ではありません。ちゃんとセリフもありますし、
トータルで10分以上出演してたんじゃないかなぁ。

エンドロールで名前を見つけるまで気づきませんでした。

垂れ目で目つきが悪いのでヤクザ役が滅茶苦茶似合ってましたね。

そこも楽しみにこの映画を見て頂けたらと思います。

というわけで、個人的な評価は5段階で星5つ

読者さんの評判・口コミ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ