映画「デスノート」 4/5 (1)

映画「デスノート」は、2006年公開の日本映画で、週刊少年ジャンプで連載された同名漫画を実写化したもの。

のちに公開される「デスノート the Last name」の前編的な位置づけ。

今回は、そんな映画「デスノート」のあらすじ、キャスト、評価・感想と、フル動画を無料視聴する方法をまとめてみました。

映画「デスノート」は動画配信サービス「TSUTAYA DISCAS」で配信中。

しかも、今なら30日間の無料お試しキャンペーン中!

「デスノート」を実質無料で視聴できます。

↓↓↓

「デスノート」の無料視聴はこちらから

映画デスノート前編のあらすじ

夜神 月(やがみ ライト)はある日、奇妙な黒いノートを拾う。

それは死神・リュークが落とした、ノートに名前を書かれた人間が死ぬ「デスノート」だった。

犯罪者を裁く法律に限界を感じていた月は、世の中を変えるため、ノートの力で犯罪者を次々と葬り始める。

やがて犯罪者を葬る者の存在に気付いた人々は殺し屋(=Killer)の意味から「キラ」と呼び始め、キラを神と崇め崇拝する者まで現れた。

一方、警察組織はキラの行為はあくまでも連続殺人であるとし、その調査・解決のためにある人物を送り込んだ。

警察を裏から指揮し、数々の難事件を解決してきた世界的名探偵L(エル)である。

天才同士の戦い、求める世界の違いから起こったこの闘いに勝つのは死神の力を持つキラか、それとも警察を動かすLか。

引用:Wikipedia

映画デスノート前編のキャスト一覧

キャスト
夜神月 藤原竜也
L / 竜崎 松山ケンイチ
南空ナオミ 瀬戸朝香
秋野詩織 香椎由宇
レイ・イワマツ 細川茂樹
夜神幸子 五大路子
夜神粧裕 満島ひかり
宇生田 中村育二
松田 青山草太
模木 清水伸
相沢 奥田達士
佐波 小松みゆき
松原 中原丈雄
佐伯警察庁長官 津川雅彦
恐田奇一郎 皆川猿時
渋井丸拓男 顔田顔彦
日比沢有介 渡来敏之
リューク(声) 中村獅童
弥海砂 戸田恵梨香
ワタリ 藤村俊二
夜神総一郎 鹿賀丈史

映画デスノート前編の評価・感想

藤原竜也・松山ケンイチがハマリ役

藤原竜也がそれまでの爽やかなイメージを最終的に覆してしまう危うさを秘めていながらハマり役でした。

今では別人のようになった松山ケンイチと、Lが使用してるMacのノートパソコンが印象的です。

配役やCGの新鮮さもありましたが、基本的にストーリーの斬新さが際立っています。

弥海砂の「私重要なことを忘れている」とつぶやく、キャンドルの火に囲まれたシーンが印象的です。

★★★★★

藤原竜也の迫力ある演技が印象的な映画でした。

松山ケンイチ演じるLのルックスも原作からそのまま飛び抜けてきたかのようで、そのままという感じ。

ストーリーもスリルがあって、展開が読めず、わくわくしながら楽しめました。

★★★★

藤原達也と松山ケンイチの演技が半端なく凄い!

漫画も読んでますがLの再現は文句なしだと思います。

普通マンガと映画だと断トツにマンガのほうが良いのですが音楽も合ってて映画も最高でした。

ミサミサは可愛らしい感じのマンガでのイメージだったので戸田さんとイメージは違ったけどそれはそれで良かったです。

★★★★★

この映画は原作(漫画)を省略したあらすじを見てる印象を受けたのでストーリーとしては物足りなさを感じました。

ただ、キャストの演技力が高かったので最後まで飽きることはなかったです。

特に松山ケンイチさんはよく研究してるなという印象を受けました。

★★★

映画「デスノート」、松山ケンイチさん演じるLが話題になりましたね。

彼の出世作ではないでしょうか。

私は原作の漫画も読みましたが、割と原作に忠実に作られているなと感じました。

窪田正孝×山崎賢人でドラマ化もされましたが、やっぱり本家にはかないませんでしたね。

私の中では「デスノート」は藤原竜也×松山ケンイチです!

★★★★

斬新な設定に引き込まれる

地元の福岡で撮影していたから撮影場所をチェックしました。

また、原作を読まずに本作を観ましたが、ヒールな主人公で、ノートで人を殺す設定や頭脳戦なども斬新な感じがして面白かったです。

また、最後にLがライトの前に登場するシーンも手に汗を握りました。

★★★★★

頭脳戦にハラハラドキドキ

藤原竜也さん演じる夜神月とLこと事件を解決していく松山ケンイチさんとの頭脳戦がハラハラしてとても面白かったです。

本当の正義は何か、犯罪のない世界を作る為なら殺人を致し方ないと、理性が利かなくなる怪演に目が離せなくなりました。

★★★★★

漫画から派生した映画版の「デスノート」。

原作にある程度忠実に再現されており、配役とその演技力も申し分なし。

ハラハラドキドキさせられる展開と、名演技にどっぷりはまってしまい、気づいたら息をするのも忘れるほどにのめり込んでいた。

さまざまなどんでん返しと、知略謀略が入り組んだ究極の騙しあいは見たらはまること確実。

★★★★★

私が藤原竜也さんを好きになったきっかけの映画がこのデスノートでした。

藤原竜也さん演じるキラが、警察の捜査をかわす為に行った数々の秘策は見事で、それに対してのLの反撃という、二人の頭の良さに驚かされました。

ストーリーがとても分かりやすく、子供でも理解できる点も、幅広い層に愛される作品である理由だと感じました。

★★★★★

リュークのCGがリアル

悪魔でもあるリュークといった、CGで構成されている彼等だが2006年という頃に制作したとは思えないほど彼等は滑らかに動き、表現していた。

そしてキャストとも自然と溶け込んでいる姿が異様であり、デスノートという世界での当然を表現できていて未だに忘れられない作品の一つである。

★★★★★

原作ファンも納得の出来

人気漫画の映画化したもののでストーリーは映画を見ていればすんなり入ってきます。

キャストがしっかりとした人が採用されているので演技も面白く、楽しみながら見ることができました。

漫画が好きな人にはおすすめの映画です。

★★★

とても面白い映画でした。

漫画の実写化でしたが、まさに漫画のままのキャラクターが演じられていました。

特に松山ケンイチさんが演じたエルは素晴らしいクオリティーでした。

ストーリーもすごく練られていて、とても良かったです。

★★★★

何と言ってもL役の松山ケンイチの演技力のすばらしさでしょう。

原作からでて来たかのような雰囲気に驚かされました。

主役である藤原竜也を食っているほどの存在感を示していました。

またCGによる死神リュークも原作通りで力が入っている作品だと感じました。

★★★★

原作連載時からのファンですが、映画1作目が一番原作に忠実でした。

キャスティングも音楽も、原作の世界観と合っていて大満足です。

中でも松山ケンイチさん演じるLのビジュアルの再現率の高さは素晴らしいです。

さすが役者さんだなぁと感心してしまいました。

★★★★

原作が好きな漫画だったので実写映画化には不安がありましたが、いざ観てみると夜神月役の藤原竜也さんやL役の松山ケンイチさんは原作の雰囲気を損なうことなく表現していて、これまで漫画から実写化された作品の中でもかなり完成度の高い映画だと思います。

★★★★

総合評価

4/5 (1)

あなたの感想もお聞かせください

この作品の評価を5段階で投票してください(星が多いほど高評価)。

コメント等ありましたら、下記コメントフォームよりお待ちしております。

映画デスノート前編を無料視聴する方法

「映画デスノートを見たい」
「でも、DVDを借りたり買ったりするほどではない」
という方へ、無料で視聴する方法をご紹介します。

ネットの無料動画が危険な2つの理由

まず、ネットで調べればYoutubeやPandoraなどのサイトで無料動画が見れるかもしれません。

ですが、これらは違法アップロードされた動画なので、広告が多くて重い上、ウィルス感染のリスクがあります。

また、著作権法は年々厳しくなってきていて、違法アップロード動画を見た人も罪に問われる場合があるんです。

現状動画を見ただけで罪になることは無いようですが、ダウンロードと同時にアップロードが行われるファイルもあり、その場合は責任を問われる可能性があります。

このようなリスクがあるので、ネットの無料動画を見るのは個人的にはお勧め出来ません。

また、単純に映画が好きなので、制作者に対する敬意を込めて、私は違法アップロード動画は絶対見ないと決めています。

合法的に映画デスノートを無料で見るには?

「じゃあデスノートは無料で見れないの?」と思われるかもしれませんが、実は合法的に動画を無料視聴する方法があります。

私もこの方法で映画デスノートを見ることが出来たので、ご紹介しますね。

デスノートは、「TSUTAYA DISCAS」という動画配信サービスで無料視聴することが出来ます。

本来月額2417円(税抜き)かかるサービスなんですが、今なら30日間の無料お試しキャンペーンをやっているので、実質無料で見ることが出来るんです。

視聴するには432ポイント必要になりますが、初回登録時に1080ポイントがプレゼントされるので、それを使えばOK!

続編の「デスノート the Last name」「デスノート Light up the NEW world」も視聴出来るので一気に見るのもおすすめです。

↓↓↓

「デスノート」の無料視聴はこちらから

TSUTAYA DISCASの登録手順

TSUTAYA DISCAS

まず、上記リンクからTSUTAYA DISCASにアクセスします。

ツタヤディスカス お試し

「まずは30日間無料お試し!」をクリック。

ツタヤディスカス 個人情報

名前・メールアドレス・パスワード・決済方法などを入力していきます。

決済方法は、auかんたん決済・ソフトバンクまとめて支払いorクレジットカードとなります。

これは継続利用の場合の決済をスムーズに行うためで、無料期間中に解約すれば料金は一切かかりませんのでご安心ください。

ちなみに、デビットカードは利用出来ませんでした。

ツタヤディスカス 入力内容確認

入力内容を確認して、よければ「この内容で申し込む」をクリックしてください。

画像にも注釈がありますが、2回以上ボタンを押すと重複エラーとなるので、ちょっと読み込みが遅くても複数回押さないよう注意してください。

ツタヤディスカス メール

そしたら、登録したメールアドレスにIDとパスワードが送られてきます。

これは、TVで動画をレンタルしたり購入したりする際に必要なものなので、パソコンやスマホのみで利用される方は特に必要ありません。

ツタヤディスカス

以上で登録は完了なので、さっそく動画をお楽しみください♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ