ドラマ「ごめん、愛してる」第2話

2017年7月からTBSで日曜日の夜9時に放送中のドラマ「ごめん、愛してる」

第1話では律が母親に再会しましたが、追い返されてしまいましたね…。

今回は、「ごめん、愛してる」第2話のあらすじと実際に見た方の感想、無料で視聴する方法をまとめてみました。

ごめん、愛してる第2話のあらすじ

律は何度も母親の自宅の目の前に現れる。

それを何度も目撃していた凛華は律に声をかけ、韓国での恩もあるのでサトルの運転手の仕事を紹介することに。

そこで家に上った律は、母親の昔の写真を目にし、同じ指輪を見てしまう。

履歴書の内容を見て断られた律だったが、凛華の父に急用が出来たため、運転手を一日限定で勤める事に。

湖に飛び込んだサトルを助けたことで正式に雇われる事になった律だが、サトルの身代わりになるようお金を積まれ…!?

ごめん、愛してる第2話を無料で視聴する方法

物語が動き始めた第2話。

そんな第2話を見逃してしまった方のために、無料で視聴する方法をご紹介しておきますね。

TBSオンデマンドの無料配信

まず1番早いのが、TBSが運営している「TBSオンデマンド」の無料見逃し配信。

放送後1週間は無料で最新話を視聴することが出来ます。

ところどころCM広告が入りますが、1回30秒ほどなのでそこまで気にはなりません。

ただし、放送後1週間経つと前回の話は見れなくなってしまうのでご注意ください。

動画配信サービスで視聴

TBSオンデマンドの見逃し配信も見逃してしまった場合は、「U-NEXT」という動画配信サービスで視聴することが出来ます。

月額1990円(税抜き)かかるサービスですが、今なら31日間の無料トライアルキャンペーンをやっているので、期間内に解約すれば実質無料で見ることが出来ます。

ごめん、愛してるを視聴するには324ポイント必要になりますが、登録時に600ポイント付与されるので、そのポイントを使えば視聴可能です。

最新話が更新されるまでに少し時間がかかりますが、他のドラマや映画、アニメが12万本以上見放題なので、そちらを見ながら配信されるのを待つというのもアリですね。

ごめん、愛してる第2話の評価・感想

母と息子のすれ違いが描かれていた。

大竹しのぶと長瀬の今後の展開がきになる。

片思いの連鎖。坂口健太郎、吉岡里穂など、皆んなそれぞれが片思いをしている。

子供が思う親の気持ち。障がいを持っている母親を持つ子供がしっかりとしないといけないと子供ながら頑張っていた

今回も、登場人物の心の動きが丁寧に描かれていたと思います。

サトル君の不器用な恋が可愛いですね。

見ていてヒヤヒヤしますが、頑張れ!とも思います。

ただ、塔子さんは無理だろうな…。

彼が傷つく姿を見るのは辛いですね。

そして今回一番気になったのは、凜華の父の狼狽ぶりです。

どうしてそんなに…と疑問が残りました。

彼は何か大変な秘密を抱えていそうですね。

律の弟、サトルを演じる坂口健太郎さんの屈託のない笑顔が母性本能をくすぐられます。

サトルは塔子の事を思っていますが、そのサトルを思う凜華の恋心も見ていて切ないです。

ずっと近くで支えているのに何で振り向いてくれないの?ともどかしい気持ちになります。

サトルは一体塔子のどこが良くてあんなに好きなのか、物凄く凜華が不憫に見えた二話でした。

いきなり湖に飛び込んだ塔子の行動が全く理解出来ず、サトルを振り回して遊んでいるだけの様に見えてキスをしたのは不愉快でした。

浮かれているサトルが、また悲しい思いをしなければ良いなと思いました。

麗子さんは、母としての前に人間として最低だと思いました。

第1話よりも腹が立ってきます。

「世の中には価値の高い命がある」本当にそうでしょうか?

それはあんただけだろ、と言ってやりたくなるようなシーンでした。

先ずは率直な感想ですが、2話にして大分お話しが動いたなと思いました。

吉岡里帆演じる付き人は、大分あのシーンは応えただろうなと思いますし、最後のシーンは一気に話しが動きそうな終わりだったので次回も楽しみです。

長瀬智也さん以外の出演者は全員、自分が大事だと思っている人の心の動きに敏感な割には、他の人に対しては無頓着で悲しくなります。

これから、長瀬智也さんは、大竹しのぶさんに、どんな風に苦しめられるのかと想像すると切なくなります。

出演している俳優・女優さんが好きで録画して見ています。

何となく2話目なのに今後の展開がわかる感じではあるのにも関わらず、長瀬さんと吉岡さんの関係が切なく今後も録画してまでも最終回まで見るんだろうなと思います。

長瀬くんのキャラがハマっていて、凄く好きです。

ピアニストの子は、お坊っちゃま感が半端なく、衣装がやり過ぎな感じがします。

大人なので、レースつきシャツとか、いかにもって感じで勿体無いです。

ストーリーは、凄く興味深い。

何故、長瀬くんは捨てられ、しかも母が自らではない辺りが凄く気になりました。

いつ、大竹さんは気が付くのかなど、妄想が膨らみます。

さかなくんのお母さんへの気持ちが、凄く分かります。

男の人は、お母さんへ近づくと嫌な思いをしていると子供ながらに考えている素敵な少年で、あの親子が幸せに暮らせたらと期待するばかりです。

お母さんが知らないとはいえ、サトルをとても大事にしていて、律に対しての見下すような態度がとても切なく感じました。

恨みたいけど恨みきれないような辛い気持ちが、見ていてこちらもつらかったです。

けれど、そんな中で池脇千鶴さん演じる若菜の笑顔が癒し系で、辛いだけにならずにバランスのとれたドラマになっていると思いました。

久しぶりに気になるドラマが始まったので見てみました。

初回を見損ねたので、役を覚えようと真剣に見ました。

長瀬の役が独特だなと思ったら、韓国で育ったという設定なのですね。

ドラマの中頃で知り腑に落ちました。

ドラマの流れとしてはオチが見えている状態ですが、これからどんな捻りが入るのか楽しみです。

でも最近のドロドロした恋愛は勘弁して欲しいと思ってます。

律の家族問題も大変ですが、今回は若菜と魚の親子の方も気になってしまいました。

魚くんの年齢にそぐわない冷めた言動が見ていて少し悲しいです。

そんな魚くんが律に対して「母ちゃんの傍に寄って来る男はみんな嫌いだ」「母ちゃんに手を出さないと約束しろ」などと言いながら指切りをするシーンがありましたが、律にはこの約束と信頼を裏切らないでいてほしいですね。

サトルが嫌な奴だと思っていたけども、好きな人のためにいけ好かない強面の男に抗議したり、水の中に飛び込んだり、いいやつだと思い始めた。

また、長瀬君をゲームに誘って二人で格闘ゲームをしているシーンは、その背景も視聴者側は知っているのでぐっときた。

母と息子のすれ違いが描かれていた。

大竹しのぶと長瀬の今後の展開がきになる。

片思いの連鎖。
坂口健太郎、吉岡里穂など、皆んなそれぞれが片思いをしている。

子供が思う親の気持ち。
障がいを持っている母親を持つ子供がしっかりとしないといけないと子供ながら頑張っていた。

ちなみに、auビデオパスという動画配信サービスで、社会現象を巻き起こした原作韓国ドラマの日本語吹き替え版を全話無料で見ることが出来るので、興味があればこちらも是非♪
(「ごめん、愛してる」と検索すれば出てきます。)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ