映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 5/5 (1)

映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」は、2005年公開のアメリカ映画で、J・K・ローリングの大人気小説を実写化したもの。

ハリー・ポッターシリーズ第4作目の本作も、8億9千万ドルの興行収入を記録し、変わらず大ヒットを収めました。

今回は、そんな「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のあらすじ、キャスト、評価・感想と、吹き替え・字幕動画を無料視聴する方法をまとめてみました。

映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のDVDは、動画配信サービス「TSUTAYA DISCAS」でレンタル可能。

しかも、今なら30日間の無料お試しキャンペーン中!

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」を実質無料で視聴できます。

↓↓↓

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の無料視聴はこちらから

ハリーポッターと炎のゴブレットのあらすじ

魔法学校に通う少年・ハリーの活躍を描いた人気シリーズの劇場版第4弾。

「三大魔法学校対抗試合」が開催され、代表に選ばれたハリーに最大の試練が降り掛かる。

監督は『モナリザ・スマイル』のマイク・ニューウェル。

ハリーポッターと炎のゴブレットのキャスト一覧

キャスト 吹き替え
ハリー・ポッター ダニエル・ラドクリフ 小野賢章
ロン・ウィーズリー ルパート・グリント 常盤祐貴
ハーマイオニー・グレンジャー エマ・ワトソン 須藤祐実
セドリック・ディゴリー ロバート・パティンソン 日野聡
ビクトール・クラム スタニスラフ・アイエネフスキー 坂詰貴之
フラー・デラクール クレマンス・ポエジー 小笠原亜里沙
アラスター・ムーディ ブレンダン・グリーソン 小林修
アルバス・ダンブルドア マイケル・ガンボン 永井一郎
ミネルバ・マクゴナガル マギー・スミス 谷育子
ルビウス・ハグリッド ロビー・コルトレーン 斎藤志郎
セブルス・スネイプ アラン・リックマン 土師孝也
フィリウス・フリットウィック ワーウィック・デイヴィス 田村錦人
アーガス・フィルチ デイビッド・ブラッドリー
チョウ・チャン ケイティ・リューング 川庄美雪
ドラコ・マルフォイ トム・フェルトン 三枝享祐
ネビル・ロングボトム マシュー・ルイス 上野容
フレッド・ウィーズリー ジェームズ・フェルプス 尾崎光洋
ジョージ・ウィーズリー オリバー・フェルプス
ジニー・ウィーズリー ボニー・ライト 高野朱華
コーネリウス・ファッジ魔法大臣 ロバート・ハーディー 篠原大作
ルシウス・マルフォイ ジェイソン・アイザックス 諸角憲一
バーテミウス・クラウチ・シニア ロジャー・ロイド・パック 佐々木勝彦
バーテミウス・クラウチ・ジュニア デイヴィッド・テナント 桐本琢也
イゴール・カルカロフ ペジャ・ビヤラク 清水明彦
オリンペ・マクシーム フランシス・デ・ラ・トゥーア 久保田民絵
嘆きのマートル シャーリー・ヘンダーソン 坂本千夏
アーサー・ウィーズリー マーク・ウィリアムズ 梅津秀行
リータ・スキーター ミランダ・リチャードソン 勝生真沙子
エイモス・ディゴリー ジェフ・ラウル 長克巳
ビンセント・クラッブ ジェイミー・ウェイレット 忍足航己
グレゴリー・ゴイル ジョシュア・ハードマン
パンジー・パーキンソン ダニエル・クロックフォード
シェーマス・フィネガン デヴォン・マーレイ 渡辺悠
ディーン・トーマス アルフレッド・イーノック 山本隆平
パーバティ・パチル シェファーリ・チョウドリー 沢城みゆき
パドマ・パチル アフシャン・アザド 斎藤千和
アンジェリーナ・ジョンソン ティアナ・ベンジャミン 松浦チエ
ナイジェル・ウォルバート ウィリアム・メリング 海鋒拓也
アーニー・マクミラン ルイス・ドイル
ハンナ・アボット Charlotte Skeoch
ガブリエル・デラクール アンジェリカ・マンディ
フランク・ブライス エリック・サイクス 佐々木勝彦
クラッブ フィリップ・ラーム
ゴイル リチャード・ロッソン
ワルデン・マクネア アシュリー・アートス
エイブリー アレックス・パーマー
ノット イースター・フリエル
シリウス・ブラック ゲイリー・オールドマン 辻親八

ハリーポッターと炎のゴブレットの評価・感想

思春期の恋愛・青春・悩みが印象的

この作品は、同シリーズのこれまでの作品に比べてティーンの恋愛模様が描かれているところが新鮮で魅力的でした。

はっきり好きという気持ちを伝えることは出来ないけれど相手のことが気になるといった10代前半の感情の揺れが、この作品を単なる子ども向けのファンタジーではなく広い世代にとって共感しやすい内容に仕上げていたと思います。

映画のエンドロールで流れる歌詞つきのテーマも、クラシックな曲調のイメージが強かった過去作品に比べて青春を感じさせる演出になっていると感じ、印象に残りました。

また、青春の初々しい一面を描くと同時に、この作品では重い内容も盛り込まれています。

青春の浮ついた一面を描きつつも、原作5作目以降に頻出する死という暗いテーマを同時に見せることでストーリーが引き締まった後味になっており、続編への期待が高まりました。

また、セドリック役の俳優が後に映画『トワイライト』シリーズで大人気を博するロバート・パティンソンであり、吸血鬼役とはまた違った明るい朗らかな青年の演技を本作中で見ることが出来たのも魅力でした。

★★★★★

原作を読んだ後での視聴となりましたが、ハリーの心の変化が良く見られる作品です。

思春期ならではの心の不安定さが良く表れていると思います。

それに、ダニエル・ラドクリフの長髪がかっこいいのと、ホグワーツ以外の魔法学校生が魅力的なのも後押ししています。

いつもは目立たないハッフルパフ寮も、セドリックのおかげで株価が上がりました。

★★★★

今回はハリー・ポッターとロンとハーマイオニー達の友情や恋愛の要素もあり、とても楽しめました。

ハーマイオニーのドレス姿は圧巻でした。

男女問わず昔からハリーポッターを見ている人なら尚更驚いたと思います。

最後は笑顔になれる終わり方でしたが、感動要素がかなり強かったと思います。

最終回にかなり近づいている感も感じられました。

★★★★★

仲間との友情の他に、ハリーの魔法使いとしての成長ぶりも楽しみなところです。

個人的には、パーティーシーンにて大人の女性として成長しているハーマイオニーの美貌っぷりには驚きましたが、それと同じくらいにハリーとロンはまだまだ子供ねと思ってしまうくらいに、男女の成長の差を見せてもらいました。

★★★★

この作品の社交ダンスパーティーが開かれる時のロンとハーマイオニーやり取りから恋心が垣間見られるようになり、ドキドキしながら観ました。

三大魔法学校対抗試合にハリーと一緒に出場したセドリックの好青年ぶりが素晴らしかったです。

★★★★★

なぜかハリーが三大魔法学校対抗戦に出場することになり、そこからロンや周りの友人とうまくいかなくなっていく様は見ていられないほど切ない。

しかし、この対抗戦でいろいろな魔法薬や魔法をつかって課題を解いていく様子にはハリーポッターの世界観が存分に味わえ、目が離せなく面白い。

また、パーティーシーンが描かれており、そこで登場するハーマイオニーがとてもきれい。

★★★★★

ハリーポッターは一作目から先が読めず最後にそうだったのかと毎回驚いています。

今回はハリーの初恋にも話が向いていて違った意味での緊張感もありました。

最後はいよいよあの人の恐ろしさに迫った来たという感じです。

★★★★

迫力満点の演出

面白かったところは、学校が3校集まって魔法の技能を競い合うのですが、その技能テストが波乱万丈なところです。

ドラゴンが登場して、そのドラゴンと戦うというスリリングな課題がでて、それはとても迫力がありました。

主人公のハリーはそれをなんとかきり抜けていきます。

次の課題は湖の中で友人達を助けるという課題なのですが、水の中の人魚の顔が豹変して襲いかかってくる様が、これまた凄みがありました。

最後の迷路の課題では、競争相手をお互いに疑ったりすることになり、難易度が高まっていきます。

同時進行で悪の権化ヴォルデモート復活があり、ショッキングでいろんな試練が合わさってます。

それを、学園生活の柔らかな感じがマイルドにしています。

★★★★

ファンタジーの中にもリアルな要素あり

ハリーが仕組まれていたとは言ってもその大会に出るのが許せなくて喧嘩をするロンとの話はなかなか面白かったです。

ロンとハリーは本当の友達なので思いっきり喧嘩ができるところがうらやましいです。

帰ってきたときのハリーとセドリックのお父さんの悲しみようは涙がでました。

あんなにみんなから慕われていた人なのに、また魔法もきっと上手だったのに。

でもそういう楽しいとこばかりではなくて本当にひどいことがあるのがハリーポッターのリアルなところであり魔法という夢の世界なのに現実的という感じが私はすごく楽しいと思います。

★★★★★

今回のは登場人物が多く、把握するのに苦労しました。

2度見ましたが、2度目で理解できました。

途中、悲しい出来事が起こったりしますが、最後まで楽しく見ることができました。

★★★★

今までのハリポタとは違った雰囲気を味わえる

今までの映画ハリーポッターシリーズの中で暗いストーリーだと思います。

映画のクオリティーも高くて内容も面白かったです。

ハリーポッターシリーズとして見ても今までと違った雰囲気を味わえるので私は好きです。

ハリーポッターの世界観を存分に味わえる作品だなと思いました。

★★★★★

緊張と緩和のバランスが取れた作品

この作品の良かったと感じる点は緊張と緩和のバランスが良かったということです。

シリアスなシーンだけに重点を置くのではなく、明るく盛り上がるシーンにもしっかりと力を入れています。

また、その切り返しも上手く驚かされるような展開が多かったことが良いなと感じました。

★★★★

あなたの感想もお聞かせください

この作品の評価を5段階で投票してください(星が多いほど高評価)。

コメント等ありましたら、下記コメントフォームよりお待ちしております。

ハリーポッターと炎のゴブレットを無料視聴する方法

ムビ子
ハリー・ポッター有名だけどまだ見たことないから見たいなぁ
ムビ子
ネットに無料動画とか上がってないかしら?
動画ネコ
無料動画は危険だニャ
ムビ子
え?何で?
動画ネコ
あれは違法アップロードされた動画で、ウィルスに感染する危険があるニャ
ムビ子
そ、そうなの!?
動画ネコ
それに、ダウンロードと同時にアップロードされるソフトもあって、それで違法アップロードの罪に問われるケースがあるから注意だニャ
ムビ子
そんな…!
無料動画を見ただけで逮捕されるのなんて嫌だわ!
動画ネコ
あと単純に画質が粗いし、広告いっぱい出てストーリーに集中できないニャー
ムビ子
はぁ…じゃあ諦めるしかないわね
動画ネコ
無料で見れる方法知ってるニャ
ムビ子
でも、ネット上の動画はいろいろ危険なんでしょ?
動画ネコ
違うニャ。
公式の動画配信サービスを使うんだニャ
ムビ子
それって月額料金がいるやつでしょ?
お金出して見るほどじゃないのよねぇ…
動画ネコ
実は今だけ無料で見ることが出来るのニャ
ムビ子
え!?
そうなの!?

ハリー・ポッターと炎のゴブレットは、「TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)」という動画配信サービスで無料で見ることが出来ます。

「TUTAYA DISCAS」はTUTAYAが運営するサービスで、ネット上でDVDをレンタルし、自宅まで届けてくれます。

返却期限は無いですし、ポストに入れるだけで返却出来るので、とても便利ですね。

動画配信サービスは数多くありますが、ハリー・ポッター作品は、私が知る限りTUTAYA DISCASでしか見ることが出来ないので、ハリポタファンの私としてはかなり重宝しています。

そんなTUTAYA DISCASですが、利用するには月額1865円(税別・定額レンタルプランの場合)かかります。

DVDを借りに行く手間などを考えるとお得なような気もしますが、月々約2000円の出費は痛いですよね…。

ただ、今なら30日間の無料お試しキャンペーンをやっているので、30日間は実質無料でDVDを借り放題となります。

私も実際に試してみましたが、期間内に解約すれば一切お金はかかりませんでした。

ハリーポッターと炎のゴブレット DVD

ハリー・ポッターと炎のゴブレットもTUTAYA DISCASで借りたDVDで見ました♪

最短翌日で郵便受けに届くので、自宅にいなくても大丈夫です。

もちろん、ハリポタ作品以外にも85,000本以上の動画・DVD・ブルーレイが見放題となっているので、無料お試しキャンペーンが終了するまでに是非お試しください。

↓↓↓

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の無料視聴はこちらから

ムビ子
こんな方法があったなんて…!
動画ネコ
広告とか出ないし快適ニャー
動画ネコ
しかもスマホでも見れるから便利だニャ
ムビ子
本当に無料なの?
動画ネコ
新規登録後30日間は無料で使えて、その期間内に解約すれば料金は発生しないニャ
ムビ子
他にどんな映画が見れるの?
動画ネコ
TSUTAYAにある映画・アニメが8万本以上無料で見れるニャ
動画ネコ
ハリー・ポッターの他の作品も見れるから、一気に見るのもおすすめだニャ
▼TSUTAYA DISCASで見れるハリポタ作品
ハリー・ポッターと賢者の石
ハリー・ポッターと秘密の部屋
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
ハリー・ポッターと謎のプリンス
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

※上記はほんの一部です

数日後…

ムビ子
すごい!
本当に無料で見れたわ!
ムビ子
他の映画やアニメも見れるから、この期間いっぱい見まくるわよ!
動画ネコ
喜んでくれたみたいで良かったニャ
動画ネコ
無料キャンペーンはいつ終了するかわからないから、今のうちに登録しといて良かったニャ
↓↓↓

TSUTAYA DISCASの無料お試しキャンペーンはこちらから

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ