映画「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」 4/5 (1)

映画「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」は、2010年公開のアメリカ映画で、J・K・ローリング原作の大人気小説を実写化したもの。

PART2との2部構成となっており、本作では初めてJ・K・ローリングが製作として直接映画に携わったことでも話題となりました。

今回は、そんな「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」のあらすじ、キャスト、評価・感想と、吹き替え・字幕動画を無料視聴する方法をまとめてみました。

映画「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」のDVDは、動画配信サービス「TSUTAYA DISCAS」でレンタル可能。

しかも、今なら30日間の無料お試しキャンペーン中!

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」を実質無料で視聴できます。

↓↓↓

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」の無料視聴はこちらから

ハリーポッターと死の秘宝1のあらすじ

J・K・ローリング原作の大ヒット・ファンタジー・シリーズの第7作にして二部構成で描かれる最終章の第一部。

ついに闇の帝王ヴォルデモートとの最終決戦に臨むべく過酷な旅に出たハリー、ロン、ハーマイオニーが、次々と待ち受ける試練に立ち向かっていく姿を描く。

ダンブルドア校長から託された使命を果たすべく、ヴォルデモートの不死の秘密である“分霊箱”を見つけ出し、破壊するための旅に出たハリーとロン、ハーマイオニーの3人。

思うようにいかない旅の中で、次第に3人の絆にも亀裂が生じ始める。

一方、ヴォルデモートの影響力は急速に拡大し、ついには魔法省ばかりかホグワーツまでもが支配下におかれてしまう。

ハリーポッターと死の秘宝1のキャスト一覧

キャスト 吹き替え
ハリー・ポッター ダニエル・ラドクリフ 小野賢章
ロン・ウィーズリー ルパート・グリント 常盤祐貴
ハーマイオニー・グレンジャー エマ・ワトソン 須藤祐実
ヴォルデモート レイフ・ファインズ 江原正士
セブルス・スネイプ アラン・リックマン 土師孝也
ベラトリックス・レストレンジ ヘレナ・ボナム=カーター 高乃麗
ジニー・ウィーズリー ボニー・ライト 高野朱華
ルーナ・ラブグッド イバンナ・リンチ 三村ゆうな
チョウ・チャン ケイティ・リューング 川庄美雪
ネビル・ロングボトム マシュー・ルイス 上野容
フレッド・ウィーズリー ジェームズ・フェルプス 尾崎光洋
ジョージ・ウィーズリー オリバー・フェルプス
ルビウス・ハグリッド ロビー・コルトレーン 斎藤志郎
アラスター・ムーディ ブレンダン・グリーソン 小林修
リーマス・ルーピン デイビッド・シューリス 郷田ほづみ
モリー・ウィーズリー ジュリー・ウォルターズ 一龍斎貞友
アーサー・ウィーズリー マーク・ウィリアムズ 梅津秀行
ニンファドーラ・トンクス ナタリア・テナ 日野未歩
キングズリー・シャックルボルト ジョージ・ハリス 立川三貴
マンダンガス・フレッチャー アンディ・リンデン 福沢良一
バーノン・ダーズリー リチャード・グリフィス 楠見尚己
ペチュニア・ダーズリー フィオナ・ショウ
ダドリー・ダーズリー ハリー・メリング 忍足航己
ルシウス・マルフォイ ジェイソン・アイザックス 諸角憲一
ナルシッサ・マルフォイ ヘレン・マックロリー 佐藤しのぶ
ドラコ・マルフォイ トム・フェルトン 三枝享祐
ピーター・ペティグリュー ティモシー・スポール 茶風林
ドローレス・アンブリッジ イメルダ・スタウントン 小宮和枝
ヤックスリー ピーター・マラン 廣田行生
ルーファス・スクリムジョール ビル・ナイ 小川真司
パイアス・シックネス ガイ・ヘンリー 家中宏
オリバンダー老人 ジョン・ハート 小林勝也
ゼノフィリウス・ラブグッド リス・エヴァンス 佐々木睦
グリップフック ウォーウィック・デイビス 宮澤正
グレゴロビッチ ラデ・シェルベッジア 外谷勝由
マファルダ・ホップカーク ソフィー・トンプソン
ビル・ウィーズリー ドーナル・グリーソン 佐藤拓也
フラー・デラクール クレマンス・ポエジー 小笠原亜里沙
エルファイアス・ドージ デヴィッド・ライオール 村松康雄
ミュリエル・プルウェット マテロック・ギブス 沢田敏子
チャリティ・バーベッジ キャロリン・ピックルズ 林りんこ
ゲラート・グリンデルバルド ジェイミー・キャンベル・バウアー
マイケル・バーン 大木民夫
レジナルド・カターモール ステファン・ロードリ
メアリー・カターモール ケイト・フリートウッド
アルバート・ランコーン デヴィッド・オハラ
バチルダ・バグショット ヘイゼル・ダグラス
ネビル・ロングボトム マシュー・ルイス 上野容
シェーマス・フィネガン デヴォン・マーレイ
コーマック・マクラーゲン フレディー・ストローマ 小松史法
ナイジェル・ウォルバート ウィリアム・メリング
チョウ・チャン ケイティ・リューング
グレゴリー・ゴイル ジョシュア・ハードマン
ブレーズ・ザビニ ルイス・コーダイル
パドマ・パチル アフシャン・アザド
パンジー・パーキンソン スカーレット・バーン
ラベンダー・ブラウン ジェシー・ケーブ
ロミルダ・ベイン アンナ・シェーファー
ケイティ・ベル ジョージーナ・レオニダス
リーアン イザベル・ラフランド
ハンナ・アボット ルイザ・ウォーレン
フェンリール・グレイバック デイブ・レジェノ 江川央生
スカビオール ニック・モラン 佐藤せつじ
アントニン・ドロホフ アーベン・バジラクタラジ 山口りゅう
ソーフィン・ロウル ロッド・ハント
アレクト・カロー スザンヌ・トース
アミカス・カロー ラルフ・アイネソン
ワルデン・マクネア Tony Kirwood
トラバース ジョンCampling
セルウィン サイモン・グローバー
オーガスタス・ルックウッド ポール・カンナ
リータ・スキーター ミランダ・リチャードソン
マダム・マクシーム フランシス・デ・ラ・トゥーア
ガブリエル・デラクール アンジェリカ・マンディ
グレンジャー夫人 ミシェル・フェアリー 小林美奈
グレンジャー氏 イアン・ケリー
アルダートン ネッド・デネヒー 坂本くんぺい
ジェームズ・ポッター エイドリアン・ローリンズ
リリー・ポッター ジェラルディン・ソマーヴィル
トム・マールヴォロ・リドル(回想) フランク・ディレイン 福山潤
ホラス・スラグホーン(回想) ジム・ブロードベント 森功至
アルバス・ダンブルドア マイケル・ガンボン 永井一郎
トビー・レグボ

ハリーポッターと死の秘宝1の評価・感想

前作の「ハリー・ポッターと謎のプリンス」からは一変し、舞台はホグワーツから魔法界全体へとなりました。

ハリー達はもちろん、魔法界の全員が最強だと思っていたアルバス・ダンブルドアが殺害され、唯一安全だと言われたホグワーツも闇の帝王・ヴォルデモートの手に落ちてしまいました。

前作でハリーとダンブルドアが見つけ出した、ヴォルデモートの「分霊箱」を、全て探し出し、破壊することが目的となる今作では今まではとは違い、一歩間違えれば死が待ち構える戦いになっていき、BGMも基本的に暗いものが多い印象でした。

今まで謎に包まれていたセブルス・スネイプの話や、気にも留めていなかったことが線で繋がって行く感覚は、物語が終わりに近づいていっているんだなぁと改めて感じさせられました。

個人的に良かった点は、前作に引き続きハリー、ロン、ハーマイオニーの3人の関係性の変化です。

ロンとハーマイオニーは、明らかにお互いの気持ちに気付いているにも関わらず、なかなかその先に踏み出せない様子は、とてももどかしくも微笑ましかったです。

その他に、ロンが今までハリーに感じていた劣等感や、自分のコンプレックス、それでもロンの中にある正義感やハリーを大切に思う気持ち、それらがはっきりと分かる演出も素晴らしかったと思います。

改めてハリー、ロン、ハーマイオニー3人のキャラクター性が素晴らしいです。

この3人だからこそ、この物語が成り立っていると言っても過言ではありません。

それぐらい、3人が個々でとても大事な役割を持っています。

そして、今まであまりスポットが当たらなかったキャラクターもメインで使われる事が多い今作。

「こいつ誰だっけ?」と思うキャラクターが多く(俳優さんが変わったキャラクターもいる為)、そういった部分では、「ややこしくて観るのが疲れる!」と言われても返す言葉がありません……。

個人的に好きなキャラクターであるドラコ・マルフォイの成長も良かったです。

前作に比べると出演シーンはかなり少なくなりましたが、その少ないシーンでかなり大事な役割を果たしてくれます。

全シリーズを見ていて、尚且つドラコ・マルフォイが好きな人なら、マルフォイ邸での”あの”シーンは思わず目頭が熱くなると思います。

個人的に良くなかった点はありませんでした。

強いて言うなら、良くも悪くも”死”に関連した話が多かったです(題名も”死”の秘宝ですからね(笑))

ファンタジックな今までのハリー・ポッターシリーズが好きだった人には気分が重くなるのかな?と思いました。

最終章に複雑な心境

ハリーポッターシリーズの最終章なので、今までシリーズを応援していたファンにとっては驚き、悲しみ、歓喜を感じる見どころある場面が多数あります。

しかし、盛沢山故に原作とは異なって説明がなくさらっと終わってしまう場面もたくさん。。。

シリーズナンバーワンにはなれませんがお気に入りの一つです。

★★★★

戦いの最中で揺らぐ3人の友情と、思春期特有の淡い恋愛が描かれていた冒頭部分が良かったと思います。

悲しい展開もありますが、最終章に向けたストーリーとして大切なものだと思いました。

不思議ちゃんのルーナがかわいかったです。

★★★★

シリーズも終盤に近づき、重い暗い雰囲気が漂い続けます。

ですが、どんどん大人になっていく主人公たちの姿に成長を感じ、ピンチを切り抜け乗り越えていくたび、近づく終わりに寂しさも感じます。

とにかく苦しい気持ちが付きまといます。

きっとハリーたちもこんな気持ちなんだろうな、と感情移入しっぱなしです。

★★★★★

ハリー達の成長がよくわかる

私がこの映画を見て一番印象に残ったのは主人公達の成長度です。

ハリー・ポッターシリーズを初めから見ていた私にとっては一人一人の成長がよくわかる素晴らしい回だったと思います。

また、これまでとは違い学校外でのシーンが多いため新鮮なこともあり面白いと感じました。

★★★★

ダンブルドア亡きハリー達の戦い。

マルフォイ一家が沢山出ていて良かった。

我が君には逆らえないルシウスと怯えながらもついていくドラコのやりとりが良い。

可愛かったドラコが成長した姿が見られて印象に残る作品になった。

★★★★★

ハリー・ハーマイオニー・ロンに注目

ハリー・ポッターの最終巻の映画なので、ドキドキしながら待っていました。

PART1とPART2に分かれているため、本で読んで知ってはいても続きが気になって仕方ありませんでした。

少年から青年期にさしかかるハリーたちが、大切な人や信頼できる人を失い心細くなりながらも、自分たちの力を頼りに名前を言ってはいけないあの人と対決しようとします。

ホグワーツを離れて旅をする3人にハラハラします。

特にハーマイオニーの覚悟が辛く思えました。

重圧に押しつぶされそうになるハリーを支えるハーマイオニーやロン、遠くでハリー達とは違った闘い方をしている友人や大人達。

変わったところのある屋敷しもべ妖精のドビーはハリーとハリーの友人をとても大切に扱います。

終盤のドビーのハリーに対する想いが胸に迫りました。

★★★★

重い話だけど、あの人との最終決戦のためには飛ばしてはいけないシリーズ。

私としては、ハリーとハーマイオニーが付き合ってほしかった。

喧嘩をしてハラハラさせられたけど、最後には三人の絆が強いことを証明してくれた。

★★★★

登場人物の過去が明らかに

ハリーポッターシリーズでは友情や絆というのも重要になっていると思いますが、この作品ではハリー、ハーマイオニー、ロンの一人一人の心が揺れ動き、今までの繋がりを保てるかがドキドキしながら観れる作品だと思いました。

また、恋心というのも見どころだったのかと思います。

また、ハリーのお母さんとスネイプ先生の関係も何か切なくもどかしい感じがあり、周りの登場人物の過去が明らかになっていくのもワクワクしました。

また、最初から何度もみたいと思いました。

★★★★

前編だけでも満足の内容

全シリーズの中で唯一2パートに分かれた作品だったため、最初のパートは微妙、もしくは中途半端な形になって終わるものかと考えていた。

しかし作品を見てみるととても区切りがよく、もやもやした気持ちでは終わらない。

なおかついよいよクライマックスというところへ期待を助長させるような物語構成で、非常に楽しめた。

★★★★

衝撃のラスト

ハリー・ポッターシリーズがついに簡潔に向かう「死の秘宝 PART1」。

登場人物全員が迷走に迷走を重ねる回でした。

ラストは「えー!!!!?」という感じで終わります。

これまでのシリーズと比べてアクションが少なく、見所は正直少なめだと感じましたが、死の秘宝を説明するための紙芝居のシーンは面白かったです。

★★★

大人が見ても面白い

ハリーポッターは本当に子ども向けの小説なのか、と思う程の物語になっており幼い子達に大人気とはいえ中高生向けのように思える。

確かに面白い内容です。

ハリーが敵に追われ、逃げる逃げるとにかく逃げる。

仲間が助け、また逃げる。

ハリーや仲間の想いが描かれており見る価値あり、いや見るべきです。

でも、子どもに分かるかなぁと感じる所もあります。

★★★★

脇役の素晴らしさ

この作品を見て思ったのは、「脇役の素晴らしさ」です。

本来憎むべき人たちですが彼ら脇役たちが憎ければ憎いほど主人公たちがより輝きます。

この作品ではその脇役たちの悪い一面が今までのどの作品と比べても秀でてた気がします。

★★★★

マイナス評価

宿敵ヴォルデモートを倒すためアイテムを探す王道話。

三人と旅に出たハリーポッターですが、今までのシリーズの中で培ってきた友情とは何だったのかと思うほど簡単に仲違いをします。

ストーリー上シリアスさを演出するためと理解はできますが、視聴していて感情面で納得できませんでした。

★★★

以前から出ているキャラクターが大けがをしてしまったり、亡くなってしまうなど感動のシーンが多くありました。

ですが、話の展開が早く、初登場人物も多くて混乱してしまい、肝心の内容があまり入ってこなかったのが残念でした。

★★★

総合評価

4/5 (1)

あなたの感想もお聞かせください

この作品の評価を5段階で投票してください(星が多いほど高評価)。

コメント等ありましたら、下記コメントフォームよりお待ちしております。

ハリーポッターと死の秘宝1を無料視聴する方法

ムビ子
ハリー・ポッター有名だけどまだ見たことないから見たいなぁ
ムビ子
ネットに無料動画とか上がってないかしら?
動画ネコ
無料動画は危険だニャ
ムビ子
え?何で?
動画ネコ
あれは違法アップロードされた動画で、ウィルスに感染する危険があるニャ
ムビ子
そ、そうなの!?
動画ネコ
それに、ダウンロードと同時にアップロードされるソフトもあって、それで違法アップロードの罪に問われるケースがあるから注意だニャ
ムビ子
そんな…!
無料動画を見ただけで逮捕されるのなんて嫌だわ!
動画ネコ
あと単純に画質が粗いし、広告いっぱい出てストーリーに集中できないニャー
ムビ子
はぁ…じゃあ諦めるしかないわね
動画ネコ
無料で見れる方法知ってるニャ
ムビ子
でも、ネット上の動画はいろいろ危険なんでしょ?
動画ネコ
違うニャ。
公式の動画配信サービスを使うんだニャ
ムビ子
それって月額料金がいるやつでしょ?
お金出して見るほどじゃないのよねぇ…
動画ネコ
実は今だけ無料で見ることが出来るのニャ
ムビ子
え!?
そうなの!?

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」は、「TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)」という動画配信サービスで無料で見ることが出来ます。

「TUTAYA DISCAS」はTUTAYAが運営するサービスで、ネット上でDVDをレンタルし、自宅まで届けてくれます。

返却期限は無いですし、ポストに入れるだけで返却出来るので、とても便利ですね。

動画配信サービスは数多くありますが、ハリー・ポッター作品は、私が知る限りTUTAYA DISCASでしか見ることが出来ないので、ハリポタファンの私としてはかなり重宝しています。

そんなTUTAYA DISCASですが、利用するには月額1865円(税別・定額レンタルプランの場合)かかります。

DVDを借りに行く手間などを考えるとお得なような気もしますが、月々約2000円の出費は痛いですよね…。

ただ、今なら30日間の無料お試しキャンペーンをやっているので、30日間は実質無料でDVDを借り放題となります。

私も実際に試してみましたが、期間内に解約すれば一切お金はかかりませんでした。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 DVD

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」もTUTAYA DISCASで借りたDVDで見ました♪

最短翌日で郵便受けに届くので、自宅にいなくても大丈夫です。

字幕・吹き替えどちらも見ることが出来ますよ。

もちろん、ハリポタ作品以外にも85,000本以上の動画・DVD・ブルーレイが見放題となっているので、無料お試しキャンペーンが終了するまでに是非お試しください。

↓↓↓

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」の無料視聴はこちらから

ムビ子
こんな方法があったなんて…!
動画ネコ
広告とか出ないし快適ニャー
動画ネコ
しかもスマホでも見れるから便利だニャ
ムビ子
本当に無料なの?
動画ネコ
新規登録後30日間は無料で使えて、その期間内に解約すれば料金は発生しないニャ
ムビ子
他にどんな映画が見れるの?
動画ネコ
TSUTAYAにある映画・アニメが8万本以上無料で見れるニャ
動画ネコ
ハリー・ポッターの他の作品も見れるから、一気に見るのもおすすめだニャ
▼TSUTAYA DISCASで見れるハリポタ作品
ハリー・ポッターと賢者の石
ハリー・ポッターと秘密の部屋
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
ハリー・ポッターと炎のゴブレット
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
ハリー・ポッターと謎のプリンス
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

※上記はほんの一部です

数日後…

ムビ子
すごい!
本当に無料で見れたわ!
ムビ子
他の映画やアニメも見れるから、この期間いっぱい見まくるわよ!
動画ネコ
喜んでくれたみたいで良かったニャ
動画ネコ
無料キャンペーンはいつ終了するかわからないから、今のうちに登録しといて良かったニャ
↓↓↓

TSUTAYA DISCASの無料お試しキャンペーンはこちらから

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ