映画「紙の月」 まだ評価がありません

紙の月

女優・宮沢りえ演じる銀行員が銀行のお金を横領して
その金で年下の男と逢瀬を重ねるサスペンス映画。

角田光代の小説を2014年に映画化。

予告で流れていた讃美歌「あめのみつかいの」が不気味さを
醸し出しており、衝撃的に感じて見てみようと思いました。

-----スポンサーリンク-----

紙の月のあらすじ

舞台は1994年の銀行。

自身にあまり興味を抱かない夫と安定した結婚生活を送りながら
銀行の契約社員として働く梅澤梨花(宮沢りえ)。

そんな時、国債を売りに行った顧客の家で年下の大学生と出会い
不倫関係へと発展していく。

化粧品を購入する時に持ち合わせが足りなくて、先ほど集金してきたばかりの
顧客のお金を使って支払いを済ませてしまったことがきっかけで
彼女の金銭感覚は歪んでいく。

梅澤の横領は徐々にエスカレートし、大学生との逢瀬を重ねる日々が続くと、
銀行のベテラン行員・隅より子(小林聡美)に疑いをかけられていく。

彼女はあらゆる工作をし、横領を隠そうとするのだが。

紙の月の評価・感想

讃美歌あめのみつかいのが怖い

オープニングで流れる透明感のある讃美歌「あめのみつかいの」が
本当に本当に不気味で気持ちが悪かったです。

普通に聴いててもこの曲を聴くと「何かよからぬことが起こりそう」と
思ってしまうほど怖さを秘めた讃美歌だと個人的には思います。

それを予告PVと劇中の要所要所に使用する演出は、主人公の悲哀や
哀願といった感情を切に表現してて素晴らしかったと感じました。

この映画を見るとサントラが聴きたくなると思いますよ。

因みにこのサントラには「あめのみつかいの」が
5バージョン入っています。

目覚めの1曲に如何でしょうか?

ストーリー展開が急すぎる

舞台は1994年。バブルが終り、20万30万円をコツコツと数えるのが
これからの日常の銀行の仕事だと誰もが感じ始めた頃の物語です。

宮沢りえと池松壮亮が出会って肉体関係になるまでの描写が
あまりにも唐突だったのが残念です。

池松がストーカーのように駅のホームに現れて、宮沢自身も気持ち悪いと
思っていたはずなのに次の瞬間、すぐに不倫関係になっていました。

なぜ心変わりを突然したのか、そこの描写が伝わりにくかったです。

この映画を見た人なら同じように思った方も多いのではないでしょうか。

映画は尺が決まっているのでどうしても切られてしまう箇所が存在します。

こういうところが小説と映画では描かれ方が違うので残念だといつも感じます。

横領の手口について

横領の手口は手は込んでいるものの、1994年という時代だから出来た
やり方だとも感じました。

まだWindows’95もない、携帯も普及していない時代。

銀行と言えどまだ紙媒体のみで管理している時代。

書類の複製も複合機などで行われており、紙媒体が主流だった時代背景を
モロに感じて懐かしくも感じました。

不倫とお金から見る心理

それにしても主人公は不倫で豪遊しまくりです。

何故最初に「私はお金持ちです」なんて嘘を付いたんだろうって思いました。
それさえしなければ、普通の不倫で済んだものを。

年下の大学生相手に見栄を張りたかったのか、
それとも今まで欲しい物を我慢していたストレスでそうなったのか。

自分は後者だと思いました。

1994年と言えばバブルが崩壊し、大きな買い物を控える傾向に
世間がなっていき始めた時代です。

主人公が買うのを躊躇って欲しい物を我慢するような描写は幾度か登場します。

それプラス旦那の自分自身への無関心さで拍車がかかったのかもしれません。

少なくとも私はそう解釈しました。

ここは人によって色んな取られ方が出来るような構成になっていると思い、
そのどれもが正解なんだと思います。

ラストが少し残念、、

個人的な評価は5段階で星3つ

全体として讃美歌の不気味さも手伝って、
静と動が綺麗に描かれていて良かったです。

銀行を無限ATMだと勘違いしだして、不倫や快楽に溺れ落ちていくシーンも
挿入歌の使い方がカッコよくてお洒落で良かったです。

しかし、ラストで海外に逃亡するのですが、果たして逃げきれたのか。
よく分かりませんでした。

あと、最初に登場する石橋蓮司演じる顧客のエロじじいが、
途中から硬派になってしまったのも残念です。

小林聡美さんはちょっと口五月蠅い上司役(ベテラン社員役)は
とても似合います。

この作品では、行員の技術を向上させる為のおせっかいオバサンのような
銀行内の不正を監視するような役割のベテラン銀行員を演じてます。

最後の宮沢りえとのバトルは見ごたえあります。

銀行員や経理担当者は立場上、お金に触れる機会が多いので
気がフレて横領したりしないか、身内に監視されているとよく聞きます。

どんな理由があろうとも横領は絶対にしてはいけません。

まぁこの主人公が横領した理由に同情する箇所は一つもありませんでしたが。

読者さんの評判・口コミ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ