映画「思い出のマーニー」 3/5 (1)

映画「思い出のマーニー」は、スタジオジブリ制作のアニメーション映画で、2014年7月に公開されました。

監督は「借りぐらしのアリエッティ」を手掛けた米林宏昌さん。

興行収入は35億円を突破し、アカデミー賞長編アニメ映画賞にもノミネートされた話題作。

今回は、そんな思い出のマーニーのあらすじと、安全に無料で視聴する方法をまとめましたので、参考にしていただければ幸いです。

思い出のマーニーのあらすじ

都会で暮らす12歳の少女・杏奈は、幼い頃に両親を亡くし、周りに心を閉ざしてしまった。

そんな杏奈を見かねた養母は、悪化する喘息の療養も兼ねて、夏休みの間だけ親戚が暮らす海辺の村で過ごすことを提案する。

海辺の村で、杏奈は入江に面して建つ古い屋敷を見つける。

村の人たちが「湿っ地屋敷」と呼ぶその屋敷には、長い間人が住んでいないとのこと。

初めて見るはずの湿っ地屋敷に杏奈はなぜか心惹かれ、夢の中にまで出てくるようになる。

そしてその夢には毎回、窓に閉じ込められた金髪の少女の姿があった。

ある晩、村のお祭りに嫌々参加した杏奈は、地元の中学生と揉めごとを起こし、湿っ地屋敷の見える海辺に逃げ去る。

苦しみと悲しみが抑えられなくなり、その場に泣き崩れる杏奈。

その時、杏奈の前に夢の中に出てきた金髪の少女が現れる。

「あたしたちのことは秘密よ、永久に。」

そう話すマーニーと名乗る少女に杏奈は憧れ、マーニーと頻繁に会うようになる。

杏奈にとってマーニーが心を打ち明けられる唯一の存在となっていく中、ある日彼女は突然姿を消してしまう…!

思い出のマーニーを無料で視聴する方法

米林監督の話題のジブリ作品、「思い出のマーニー」。

金曜ロードショーなどでも放送されていますが、繰り返し何度も見たくなるような魅力的な映画ですよね。

DVDを借りて見てもいいのですが、店舗まで行くのや返却期限が面倒…。

ネット上にある無料動画は画質が悪い上に広告が多く重いだけでなく、違法アップロードされたものなので見ているこちらも罪に問われる危険性があります。

そこで、今回は、自宅にいながら、合法的に、無料で思い出のマーニーを視聴する方法をご紹介します。

TUTAYA DISCASなら無料でDVDのレンタルが可能

「TUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)」はTUTAYAが運営するサービスで、ネット上でDVDをレンタルし、自宅まで届けてくれます。

返却期限は無いですし、ポストに入れるだけで返却出来るので、とても便利ですね。

動画配信サービスは数多くありますが、思い出のマーニーなどのジブリ映画は、私が知る限りTUTAYA DISCASでしか見ることが出来ないので、ジブリファンの私としてはかなり重宝しています。

そんなTUTAYA DISCASですが、利用するには月額1865円(税別・定額レンタルプランの場合)かかります。

DVDを借りに行く手間などを考えるとお得なような気もしますが、月々約2000円の出費は痛いですよね…。

ただ、今なら30日間の無料お試しキャンペーンをやっているので、30日間は無料でDVDを借り放題となります。

私も実際に試してみましたが、期間内に解約すれば一切お金はかかりませんでした。

ツタヤディスカス 思い出のマーニー

思い出のマーニーもTUTAYA DISCASで借りたDVDで見ました♪

最短翌日で郵便受けに届くので、自宅にいなくても大丈夫です。

もちろん、ジブリ以外にも85,000本以上の動画・DVD・ブルーレイが見放題となっているので、無料お試しキャンペーンが終了するまでに是非お試しください。

思い出のマーニーの声優一覧

声優
佐々木杏奈 高月彩良
マーニー 有村架純
佐々木頼子 松嶋菜々子
山下医師 大泉洋
美術教師 森崎博之
みよ子 白石晴香
大岩清正 寺島進
大岩セツ 根岸季衣
彩香 杉咲花
石井マーク
久子 黒木瞳
信子 頼経明子
十一 安田顕
ばあや 吉行和子
マーニーの母 甲斐田裕子
マーニーの父 戸次重幸
絵美里 石山蓮華

今をときめく女優、高月彩良さんと有村架純さんが杏奈とマーニーの声を担当されたということで話題になりましたね。

それ以外にも松嶋菜々子さん、大泉洋さん、寺島進さん、黒木瞳さんなど、豪華な声優陣が揃っていますね。

思い出のマーニーの評価・感想

この作品は杏奈という保護者に不信感を抱く、情緒不安定な少女を主人公にしており、これまでのジブリのファンタジックな世界観にはいなかったリアルな人物の悩みや感情が描かれているのがとても面白い作品です。
ジブリらしさもありながら、純粋なアニメ映画としてよくできた作品だと思います。

繊細な少女の心が人との触れ合いによって傷ついたり、悩んだり一喜一憂する感情がダイレクトに伝わる映画です。

見た後は自分の中にある愛情や気持ちを再確認できるような、暖かい作品でした。

自分が将来子供を持つようになったら、もう一度観てみたいなと感じる良作ですね。

スタジオジブリ作品には珍しく、子供にはちょっと難しい作品のように思いました。

中学生以上の子にはぴったりかもしれませんね。

周りの人達と上手く打ち解けられない、主人公の思いに共感できるかどうかで印象が変わってくると思います。

見終わった後に静かな余韻の残る、ひと夏の不思議な体験を描いたファンタジーです。

ジブリ作品はいつも主人公が男女いますが、この作品は二人とも女の子で書かれているのがまず気になりました。

最初はどういう話なのだろうとわからず見ていました。

ジブリ作品特有の場面が多々あり、そんなところも見つけながら見るのが面白かったです。

美しい風景と共に描かれる、一人の少女の成長を描いたアニメーション映画。

誰しもがあったであろう、周りの優しさに素直になれない不器用な年頃。

そんなかつての自分を思い出し、照れくささや懐かしいさ、もう戻れないのだという少しの寂しさもあり、それでも不思議と心地いい気持ちになれる作品です。

夏休みに少女(アンナ)が抱いた特別な思い出を描いた今作。

アンナが出会ったマーニーとの不思議な思い出に心奪われます。

最初は友情を描いていく作品だと思いながら見ていくと、謎が明らかになるにつれ、家族の愛情が見え隠れしていきます。

最後は謎も明らかになり、また流れるBGMとともに爽快な気持ちになれる作品です。

娘が見たいと言ったので一緒に見たのですが、意外と面白かったです。

少し謎めいていて、子どもには難しかったかと思ったのですが、小学生の娘でも楽しめたようです。

なかなか予想できない展開で、ハラハラドキドキしました。

ジブリの中でも1,2位を争うほどよくできたストーリーです。

最後まで見ると急に感動が押し寄せてきて、もう一度見返したくなります。

主人公の少女が抱える心の問題もデリケートなのに現実味溢れるように描かれていて、感情移入してしまいます。

それも「かわいそう」とかではなくどちらの気持ちもわかる切ない感情です。

そんな感情も一緒に最後には感動に変わり、観終るとすっきりとできる映画です。

まず始めにとても情景がきれいで、色鮮やかな映像が魅力的です。

昔の懐かしい気持ちになり、田舎に帰りたくなるそんな気持ちになりました。

子供なりに一生懸命生きている姿を、子供目線、親目線で見れるような内容に感動しました。

ジブリ映画の魅力の一つは美しい情景ですよね。

この作品も違わず、美しい湿地帯の風景や家屋が細かく描かれています。

特に主人公が療養する家はアイテムひとつひとつに生活感がありりつつ、こんな素朴な家に住みたい!と憧れるようなデザインとなっています。

そんな風景の中で、2人の少女が出逢う、神秘的な映画でした。

あなたの感想もお聞かせください

この記事を読んだ方の評価

3/5 (1)

この作品の評価を5段階で投票してください(星が多いほど高評価)。

コメント等ありましたら、下記コメントフォームよりお待ちしております。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ