映画「壬生義士伝」 まだ評価がありません

壬生義士伝

浅田次郎原作による同名歴史小説を映画化。

南部地方・盛岡藩の脱藩浪士で新選組隊士の吉村貫一郎の生涯を描く、
祖国の家族への愛と義理人情を描いた歴史映画。

-----スポンサーリンク-----

壬生義士伝のあらすじ

幕末の京都・壬生の新選組に一人の剣客が入隊してきた。

その男の名は吉村貫一郎(中井貴一)。
盛岡藩の脱藩浪士である。

みすぼらしい恰好とは裏腹に、剣術の腕前は一級品であった。

しかし、そんな吉村を新選組三番隊組長・斎藤一(佐藤浩市)は
嫌悪を感じずにはいられなかった。

理由は、恥じらいもなく命に固執する姿勢と、金には遠慮なく
執着するその態度にあった。

斎藤は吉村を斬ることを決め、路地で待ち伏せをしたが、
吉村の生きようという意志と気迫に圧倒されることになる。

吉村は脱藩までして何故幕末の京都で新選組に入隊したのか、
そして、何故これほどまでに命と金に固執するのか。

その理由が徐々に明らかになっていく。

壬生義士伝の評価・感想

私は、新選組関連の小説や映画や書物を好んで拝見するのですが、
この映画は完全にドハマリしました。

儚く、悔しさでいっぱいになる物語になっています。

佐藤浩市・中井喜一の演技が最高

佐藤浩市さんと中井貴一さんというベテラン俳優が
その演技を存分に披露しています。

お二人とも歳を重ねて、その演技がますます
渋く磨かれていると感じました。

中井貴一さんの盛岡弁も完璧だと思いました。
(あまりにも方言がキツすぎて途中意味がわからない場面もありますが)

映画ということで、TVドラマではできないような酷いシーンや
生々しい新選組を描いていて面白かった。

衣装にも注目

新選組の衣装と言えば、ダンダラ羽織が有名。

よくテレビで見るのは全体が青色に白色のギザギザ模様だと思いますが
この映画では黒色に赤のギザギザ模様というカッチョイイ羽織になっています。

赤穂浪士を思い出すような奇抜な衣装で、
戦闘シーンではその赤が非常に映えています。

あの堺雅人も沖田総司役で出演

また、新選組一番隊組長の沖田総司を堺雅人さんが演じてます。

まだブレイクする前ですね。

あのニヒルで憎悪を秘めたような笑みが凄く沖田総司と
合っていると感じました。

明るくお調子者だが、心の中はドス黒い何かを持っている
沖田総司にピッタリの配役だと感じました。

映画の配役でベストマッチでしょう。

血を吐くシーンも最後笑いながら血を吐いてたので怖かったですが
そのシーンは結構劇中で印象的で重要なシーンとなっています。

吉村の剣の腕前について

吉村貫一郎の剣の腕前は、斎藤一と互角ほどに描かれています。

斎藤はいつ死んでもいいという考え方で剣を振るっています。

吉村は絶対に死ねないという考え方で剣を振るっています。

どっちがより強くなれる剣術の心なのかは結局結論は出ませんが。

史実ではハッキリ言って吉村が入隊した頃の新選組は、もう落ち目でした。

どんどん幕府の力が弱まっており、
討幕隊の力は日に日に大きくなっていましたので、
斎藤自身も新選組は長く生きられないというのを
悟っているような描き方をしていたところが少し残念です。

斎藤一は不死身と呼ばれた剣客で何度もスパイとして敵側に参入したり
身内の裏切り者を土方の命令で粛清・暗殺をしたりする人物として
書物では書かれています。

剣の腕前は、沖田・永倉と互角、あるいはそれ以上であり、
新選組に入隊してから一度も裏切り行為をせず、
常に近藤・土方の命令に従う、忠誠心を持っている人物です。

斎藤の素顔が果たしてどこまでが本当にそうだったかは分かりませんが
斎藤一を描く時に、「新選組はもうすぐ破滅する」だの冷めた目で隊を
見るような、そういう目線で描いてほしくはなかったですね。

どこまでも忠誠心を誓うようなキャラで統一して欲しかった。
そこが唯一残念でした。

個人的な評価は5段階で星4つ

新選組が好きな人がこの映画を見たら、多分泣くと思います。

吉村貫一郎は組長ではなかったので
知らない人も多いでしょうが、実在の人物です。

彼を知らなくても多分泣けます。

特にお子さんを持つ父親なら、より感情移入するのではないかと思います。

音楽も素晴らしいです。

池田屋の討ち入りのシーンも演出音楽がより臨場感を与えています。

討ち入りする時の堺雅人さんの演技が素晴らしいので是非見てほしいです。

キャストの中で一つだけ不満が。

それは盛岡藩の大野次郎右衛門を演じた三宅裕司さん。

ハッキリ言ってお笑いのイメージが強すぎて、
この人がカツラ被って殿様の格好をされると、
もはやコントにしか見えない・・・

声質もボソボソ喋るし、盛岡弁がよく聞き取れず・・・

この映画は見終わったときに
晴れ晴れするような気持ちになることは皆無なので
バッドエンディングや暗い映画が苦手な方にはオススメできません。

読者さんの評判・口コミ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ