映画「アイガー北壁」 まだ評価がありません

アイガー北壁

登山の趣味はありませんが、大自然をテーマとする山岳ものは
ロケーションも良く、スケールも壮大なので興味があります。

以前からスイスは行ってみたい国だったし、
アルプスの山々の雄大な風景には心惹かれるものがあります。

アルプスの山々中でも自然環境が厳しく、難攻不落とされたアイガー北壁。

この作品はアイガー北壁をめぐる、実際の登山事故を元に作られたものです。

-----スポンサーリンク-----

アイガー北壁のあらすじ

ベルリン・オリンピック開幕を目前に控えた、1936年夏。

ナチス政府は、国威発揚のいい機会になるとして、
アルプスの中でも最大の難所と言われる、
アイガー北壁の初登頂をなんとしてもドイツ人の手で成し遂げたい、
と目論んでいました。

成功者した者には、オリンピックの金メダル授与を約束していたのです。

また、報道陣に対しても関連した報道を積極的に行うことを指令していました。

登山家として名声を知られ始めていたトニーとアンディは
戸惑いながらも、この難問にチャレンジすることを決意します。

鋭く切り立つアイガー北壁は容易に人を近づけず、
そのチャレンジは死をも覚悟させるものでありました。

麓のホテルには「世紀の瞬間」を今か、今かと固唾を飲んで見守る報道関係者、見物客が。

トニーのかつての恋人、新聞記者のルイーゼもその一人でした。

ついに、アイガー北壁への登頂を開始する、トニーとアンディ。

が、想像を絶する状況が彼らを待ち受けていたのです。

アイガー北壁の評価・感想

いつの時代も国際的イベントは国威発揚の場として利用されるのですね。

ナチス政権下では、なおさらのことでしょう。

不安を抱えながらも、周りの期待に応えなければ、
という二人の使命感が痛々しくもありました。

岩盤のもろさ、天候の不安定さが「アイガー北壁」の征服を困難にしていることは、
トニーもアンディも承知していたはずです。

実際、1938年の初登頂成功までに9人の犠牲者があったそうです。

撮影陣は、徹底したリアリティにこだわり、
俳優もスタッフも肉体的にも、精神的にもとてもハードだったことでしょう。

トニー役は、ベンノ・フェルマン、アンディ役はフロリアン・ルーカスが演じています。

迫力ある遭難シーンの撮影は、かなり大変だったろう、と思いました。

登山シーンと報道陣の描写

この映画では、息詰まる登山シーンと
麓の高級ホテルで待機する報道陣や上流階級の人々が
交互に現われてきます。

アイガーは登るには大変な山でしたが、インフラ整備が進むことで、
一般市民も気軽に楽しめる山でもありました。

麓にはアイガー北壁を一望できるホテルが建てられ、
北壁下のハイキングコースも整備されていました。

また、ユングフラウ鉄道も1912年に完成しています。

悪天候の中、命を懸けてアイガー北壁に挑むアルピニストと
麓のホテルで安穏と朗報を待つ人々との対比が印象的です。

ルイーゼに注目

麓のホテルにいる人々の中で、唯一、傍観者ではいられなかったのは、
トニーの元恋人であるルイーゼ。

このルイーゼの存在は、この映画において
重要な役割を果たしている、と思います。

ルイーゼは勤める新聞社の会議で名前の上がった
幼なじみのトニーとアンディにこの話を持っていった当事者でもあり、
また、トニーのもと恋人でもありました。

悲痛な思いである意味、チャレンジを強いられているアルピニストと
他者の存在に思いを致せないただ見ているだけの人々。

傍観者的な生き方について問われているようにも感じました。

手持ちカメラによる撮影が迫力満点

アルプス登山史上、有名な遭難事故の実話を元にしたこともあり、
臨場感あふれる映像に息苦しくなってくるほどの迫力がありました。

これは、手持ちカメラで撮影されていることによります。

とても効果的な撮影方法だったと思います。
ラストの方でユングフラウ鉄道から山中への出入り口から
ルイーゼがアイガー北壁を望むシーンがありました。

日本で最も勾配がきついことで知られる、
碓氷峠(現在は廃線区間)の3倍くらいの傾斜がある
登山電車、ユングフラウ鉄道。

山岳鉄道であることから、終点のユングフラウヨッホまで
およそ50分の行程ですが、
始発駅を出発後はほとんどトンネル内を走行します。

トンネル内にある二つの駅では、数分間の停車時間があり、
周辺の山々を眺望できる施設も設けられているので、
外の景色を楽しむこともできます。

この構想は、設計者の構想としてあったそうですが、
19世紀末から20世紀にかけて建設されたことを考えるとすごいです。

あの当時にあれだけのものを造ることができた、
ユングフラウ鉄道の優れた技術にとても驚きました。

はたして、トニーとアンディの遭難は、
犠牲を払っても追い求める価値のあった行動だった、と言えるのか?

鑑賞後にいろいろ複雑な思いが去来しました。

迫力ある映像の美しさと深い人間ドラマが
圧倒的なスケールで描かれていて、評価は5つ星です。

読者さんの評判・口コミ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ