2000年代おすすめの洋画ランキング

2000年代 洋画

2000年代に公開されたおすすめの映画(洋画)をランキング形式で紹介しています。

公開日・監督・出演者と、実際に見た方の感想をまとめていますので参考にしてください。

あなたのおすすめの映画があれば、コメント欄より是非教えてくださいね。

-----スポンサーリンク-----

第15位:沈黙 -サイレンス-

公開日
2017年1月
監督
マーティン・スコセッシ
出演者
アンドリュー・ガーフィールド
リーアム・ニーソン
長崎の隠れキリシタンの時代のお話です。

当時の日本人はキリスト教を信じる事で自分たちの住む生活や世の中が良くなる事をひたすら信じていた。

禁じられていた信仰が知られた時、人々がどのような行動に出るのか、それによって起こる数々の出来事は必見です。

第14位:バーレスク

公開日
2010年12月
監督
スティーヴ・アンティン
出演者
クリスティーナ・アギレラ
シェール
私のオススメの映画はクリスティーナ・アギレラが映画初主演の『バーレスク』です。

ストーリーはザックリ説明すると、田舎で育った主人公が都会に出てきてバーレスクの仕事に憧れるというものです。

私が好きなのは作中で出でくるショーや歌です。

歌唱力がすごくてスカッとするし、ショーはゴージャスで華やかで、1回見たらもう1回見たくなります。

落ち込んだ時やスッキリしたい時にオススメの映画です。

第13位:しあわせの隠れ場所

公開日
2010年2月
監督
ジョン・リー・ハンコック
出演者
サンドラ・ブロック
ティム・マッグロウ
白人富裕層が黒人貧困層少年を養育するという設定だが、単なる美談で終わらせない。

富裕層による慈愛活動には、偽善や自己満足、印象操作といった本音が往々にしてあるという風刺的スパイスを盛り込むことで、主人公女性は純粋に少年の幸せを願ってサポートし続けたことが逆に際立ち、観終えて清々しい気持ちになれる。

第12位:フライトプラン

公開日
2006年1月
監督
ロベルト・シュヴェンケ
出演者
ジョディ・フォスター
ピーター・サースガード
フライトプランは、主演のジョディ・フォスターの迫真の演技が魅力的な映画でした。

飛行機といった、閉じられた空間のなかで繰り広げられる展開も、極限のミステリーを作り上げていました。

閉じられた空間と時間のなかでじりじりと展開していくさまがおすすめです。

第11位:ミスティック・リバー

公開日
2004年1月
監督
クリント・イーストウッド
出演者
ショーン・ペン
ティム・ロビンス
クリント・イーストウッド監督の重くて暗くて最高な映画。

ずっしりとした余韻に浸れます。

ショーン・ペンとティム・ロビンス、ケビン・ベーコン3人に加えて、忘れてはいけないティムの妻役のマーシャ・ゲイ・ハーデンの演技合戦。

ある人間に対する疑いがどうしても打ち消されなくなってゆく時の緊張感が、役者の表情で見事に表現されています。

ティムとマーシャの顔を見ているだけで、ほかの映画数本分に匹敵する見ごたえです。

-----スポンサーリンク-----

第10位:ブリジット・ジョーンズの日記

公開日
2001年9月
監督
シャロン・マグワイア
出演者
レネー・ゼルウィガー
ヒュー・グラント
レネー・ゼルヴィガーがブレークするきっかけとなった作品で、ロマンチックな要素とコミカルな要素がうまく溶け合った何度観ても面白い映画です。

ブリジットはやや太めで、レネー・ゼルヴィガーの役作りも話題になりました。

相手役のヒュー・グラントは紳士的なイメージと裏腹に本作ではちょっとひねくれたところもあって、2人のやりとりがとても面白かったです。

第9位:ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

公開日
2011年12月
監督
ブラッド・バード
出演者
トム・クルーズ
ポーラ・パットン
トム・クルーズが主演、また製作にも関わるシリーズの第4弾。

とにかくカッコイイアクションが沢山見られるので、個人的には是非とも映画館の大きいスクリーンで観たいシリーズ映画ナンバーワン。

ミッション:インポッシブルは現時点では5作品が世に出ているが、私がこのゴースト・プロトコルをオススメするポイントは「内容がほぼアクションに徹している!」ということ。

スパイ映画ものといえばアクションは必須だが、その他にロマンス要素やミステリー要素があったりするものだ。

それがこのゴースト・プロトコルにはほぼ無いと言っても過言ではない。

物語冒頭から最後まで、アクションに次ぐアクションで、ドキドキハラハラしながらもどっぷりとその世界に浸ることが出来る。

またそのアクションに華を添えるのはスパイ道具。

様々な種類のハイテク機器が登場し、思わず映画館で見ていて「これ欲しい!」と思ってしまったのはいい思い出。

とにかくアクションをひたすらに見たい!という方にオススメの作品。

第8位:グラディエーター

公開日
2000年6月
監督
リドリー・スコット
出演者
ラッセル・クロウ
ホアキン・フェニックス
無敵の剣闘士のマキシマスが陰謀に陥れられ、家族を殺され、自身も奴隷にまで堕ちるのですが、天賦の才でのし上がっていく様が本当にかっこよく胸が高まります。

特に戦闘シーンは秀逸です。

見ている方もコロッセウムの観客と同じように、主人公マキシマスに魅せられていきます。

是非見て欲しい1本です。

第7位:ヴィレッジ

公開日
2004年9月
監督
M・ナイト・シャマラン
出演者
ブライス・ダラス・ハワード
ホアキン・フェニックス
『シックス・センス』が好評だったM・ナイト・シャマラン監督の作品。

いわば村の番人として監督自身が出演。

何らかの摂理が世界に存在しているという彼の映画の特徴がよく出ていると思います。

開拓時代の生活を守っているような村。
森に住む怪物を恐れ村から出ようとしない村人。

しかし、少女が友人の命を助ける術を求めて外の世界へ出ようとします。

その少女を演じるブライス・ダラス・ハワードの立ち居振る舞いが美しい。

第6位:オデッセイ

公開日
2016年2月
監督
リドリー・スコット
出演者
マット・デイモン
ジェシカ・チャステイン
スクリーン上に再現された火星の風景に圧倒されました。

これは絶対、映画館の大スクリーンで見るべき映画です。

そして、火星に置き去り、という極限状態を、あらゆる知識を総動員してポジティブに乗り越えていく主人公の姿には、ホモ・ファーベルとしての人間の原点を見ました。

第5位:マレフィセント

公開日
2014年7月
監督
ロバート・ストロンバーグ
出演者
アンジェリーナ・ジョリー
シャールト・コプリー
童話「眠れる森の美女」を実写映画化した作品。

アンジェリーナジョリーが主演の魔女を演じています。

名女優に成長した彼女は悪女と慈愛に満ちた妖精の二面性を併せ持つこの役柄を見事に演じ切っています。

この映画の特徴は本来悪役として登場する魔女の視点から描かれているという点です。

それだけで見る者に別の物語のような錯覚をもたらすことに成功しています。

またエル・ファニングも純粋無垢な王女役を演じており印象的でした。

第4位:オペラ座の怪人

公開日
2005年1月
監督
ジョエル・シュマッカー
出演者
ジェラルド・バトラー
エミー・ロッサム
舞台装置がとにかく豪華で、クライマックスのキーアイテムになるシャンデリアは全てスワロフスキーで出来ています。

その他舞台関係の小物も細やかに作り込まれていて見るたびに新しい発見があります。

舞台では、ヒロインを本当の10代の女の子が毎日主役を演じるのは難しいのですが、映画なのでそこもクリア。

瑞々しい開きかけの花のような、エミー・ロッサムがクリスティーヌを好演しています。

ファントム役のジェラルド・バトラーの熱演も光ります。

これまでも数ある「オペラ座の怪人」関連作品でも比較的若々しいファントムはいるには居ましたが、描写される筋力に見合う肉体を持っているのは彼だけなのではないでしょうか。

オーケストラも総勢200名を動員しているので、生の舞台よりも厚みと迫力が勝ります。

テレビで放映されたときは劇団四季の役者さんが吹替えをあてましたが、是非原語でも鑑賞してほしいです。

-----スポンサーリンク-----

第3位:アイ,ロボット

公開日
2004年9月
監督
アレックス・プロヤス
出演者
ウィル・スミス
ブリジット・モイナハン
現代社会において起こりうるであろう問題に真っ向から立ち向かっている映画だと思いました。

初めは怖い内容になっていくのかなと思いましたが、ウィル・スミスの作品は基本的に酷いDV等ないので、安心して見れました。

この映画が良かったのは、起こりうるであろう問題が実際に起こってしまったあと、非難するだけではなく、どうやって共存していくかが描かれている点が良かったです。

第2位:ミッション:インポッシブル2

公開日
2000年7月
監督
ジョン・ウー
出演者
トム・クルーズ
タンディ・ニュートン
ミッションインポッシブルシリーズの中で一番好きです。

イーサンハントのアクションシーンが前作品よりもグレードアップしており、見ごたえ抜群です。

車が爆発したり、橋が燃えたりなど、演出もすごくかっこよくスリル満点でした。

第1位:オーシャンズ11

公開日
2002年2月
監督
スティーブン・ソダーバーグ
出演者
ジョージ・クルーニー
ブラッド・ピット
最初この映画の内容見たときに絶対見に行こうと興奮したものです。

何人もの主演級のキャストが勢ぞろいしていて名前みているだけでワクワクする映画でしたね。

内容も11人の泥棒が大規模な計画を企てそれに向かっていろいろなアクションや綿密な作戦を立てお金を強奪するという王道なのでそういうのが好きな方にはたまらない映画ですよ。

いかがでしたか?

あなたのおすすめ映画はありましたでしょうか?

ランキングに無いおすすめの映画があれば、下記コメント欄より是非教えてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ