映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 4/5 (1)

映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」は、2007年公開の日本映画で、漫画「三丁目の夕日」を実写化したもの。

2005年に公開されたALWAYS 三丁目の夕日の続編となる本作は、興行収入45億円突破と1作目を上回る大ヒットを記録しました。

今回は、そんな「ALWAYS 続・三丁目の夕日」のあらすじ、キャスト、評価・感想と、フル動画を無料視聴する方法をまとめてみました。

映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」は動画配信サービス「TSUTAYA DISCAS」で配信中。

しかも、今なら30日間の無料お試しキャンペーン中!

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を無料で視聴できます。

↓↓↓

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の無料視聴はこちらから

ALWAYS三丁目の夕日2のあらすじ

東京下町の夕日町三丁目、自動車修理工場を営む鈴木家に親戚の女の子・美加が預けられることになった。

父親が事業に失敗し、出稼ぎに行くのだ。

しかしお嬢様育ちの美加はなかなか鈴木一家や夕日町の人々になじめないでいた。

一方駄菓子屋の茶川は、黙って去って行ったヒロミを想い続けながら淳之介と暮らしていた。

そんなある日、淳之介の実父とみられる川渕が再び息子を連れ戻しにやって来た。

そこで茶川は、人並みの暮らしをさせられる証しを必ず見せるからと頼み込み、改めて淳之介を預かった。

大きな事を言ったはいいが、どうやって安定した生活を見せられるのか。

やけ酒に酔いつぶれる茶川ではあったが、翌朝、一度はあきらめていた“芥川賞受賞”の夢に向かって黙々と執筆を始める茶川の姿があった。

引用:Wikipedia

ALWAYS三丁目の夕日2のキャスト一覧

キャスト
茶川竜之介 吉岡秀隆
石崎ヒロミ 小雪
古行淳之介 須賀健太
鈴木則文 堤真一
鈴木トモエ 薬師丸ひろ子
鈴木一平 小清水一揮
星野六子 堀北真希
大田キン もたいまさこ
鈴木大作 平田満
鈴木美加 彩夢
中山武雄 浅利陽介
宅間史郎 三浦友和
丸山精肉店 マギー
吉田自転車 温水洋一
川渕康成 小日向文世
佐竹幸弘 木茂光
中島巡査 飯田基祐
水野 ピエール瀧
山村先生 吹石一恵
牛島 福士誠治
山本信夫 上川隆也
大橋 渡辺いっけい
梅子 手塚理美
メリー 貫地谷しほり
チエミ 藤本静
松下忠信 浅野和之

ALWAYS三丁目の夕日2の評価・感想

笑いあり涙ありの作品

前作と同じで経済成長を続ける東京の下町を舞台に涙に笑いにと楽しめる作品でした。

自動車の修理工場に就職した六子は仕事の覚えも良く、鈴木の頼もしい片腕となっており見ているだけで嬉しく思いました。

また茶川は、血の繋がりのない淳之介と本当の家族以上の親子のようになり互いに思い合うが故に騒動が起きてしまう所に涙しました。

優しい淳之介と想いを寄せるヒロミのために茶川は心機一転し行動を始める所に応援せずにいられません。

★★★★★

こちらの作品は、続編ですので1を見たうえで鑑賞することをオススメします。

鈴木オートの家族模様、美加さんとの生活が印象に残り、心が温まりました。

主題歌は映画の世界観に合っていて、エンディングでも号泣してしまいました。

★★★★

人間の喜怒哀楽が表現されており観て感動しました。

特に結婚のシーンや、駄菓子や親子の別れのシーン等は、感動しました。

このシリーズは毎回時代背景を丁寧に表現されており観る側としても、懐かしく思えちょっとしたシーンにも力を抜いていないなと感心いたしました。

★★★★★

ノスタルジックな雰囲気

ALWAYS 三丁目の夕日シリーズの第2弾となっていて前作の続きの話となっております。

時代背景としては昭和34年の下町の春の夕日町三丁目に住む家族の話しであり、当時の生活風景や街並み、人情ある人達との交流とかが多くあるので人生で本当に大切な物を嫌味なく教えてくれる映画であります。

昭和34年の頃に流行ったものや出来事等とかもしっかりと再現されているのでノスタルジックな作品が好きな方にはおすすめであります。

★★★★

いきなり「ゴジラ」が出てきたのには、ビックリ!でしたが、「茶川」さんの小説だったという落ちなのですね。

オリンピック開催の年の話なので、映画の中に「バレーボール」の試合が挟み込まれていました。

ミニチュアとCGとの、合わせ技の映像で、とても良くできていました。

懐かしい時代です。

当時を思い出しました。

★★★★

前作からの続きの作品で、前作を見ている人であればより楽しむことができます。

一度は諦めかけた夢に向かって再度、奮起をする姿が人間模様を交えて描かれている。

ストーリとして目新しいものはないが、この時代の雰囲気をよく出している作品です。

★★★

愛を感じるストーリー

前作にも増して、色々な愛が見える作品です。

互いに思い考え合うからこそ、衝突してしまう淳之介と茶川。

その不器用さが男と男のぶつかり合いのようで胸がキュンとなりました。

それに、やっぱり茶川ろヒロミの仲はとてもロマンチックでした。

見えない指輪を愛おしそうに眺めるヒロミ、小説にして自分の愛を伝える茶川。

夢物語のようで、くらくらします。

★★★★

マイナス評価

一作目からそんなに時間が経過した訳ではない三十年代初頭が舞台となっていて、CG何かをふんだんに使ったりする絵づくりはやっぱりうまく、ほんと技術の進歩を感じます。

ゴジラなんかも出て来たりで、作り手側の一種、遊び心も良いかなと思います。

東京タワーも完成していたりして、絵づくりは細かくてまあまあなのですが、前作に感じた何かがこの作品には足りなくて、何も残らなかった可も無く不可も無い映画でした。

★★

第一作目で日本アカデミー賞を独占した勢いで作られた作品なので、前作のいいテイストを引っ張ってもらえれば良かったのですが、何せCGに凝りすぎていて肝心のストーリーが共感を呼べる内容になっていなかったのが残念でした。

★★

前作があまりにも評判が良すぎたのと、昭和の時代背景に復興にオリンピック等々いろいろすべてが折り込みだったので続編はそれ以上の期待をしていたのですが正直言ってそれほどクオリティ高くないっていう感じです。

一言で言うと前作よりもインパクトが低いっていうのが感想です。

★★

総合評価

4/5 (1)

あなたの感想もお聞かせください

この作品の評価を5段階で投票してください(星が多いほど高評価)。

コメント等ありましたら、下記コメントフォームよりお待ちしております。

ALWAYS三丁目の夕日2を無料視聴する方法

ムビ子
前作面白かったから続編の「ALWAYS 続・三丁目の夕日」も見たいなぁ
ムビ子
ネットに無料動画とか上がってないかしら?
動画ネコ
無料動画は危険だニャ
ムビ子
え?何で?
動画ネコ
あれは違法アップロードされた動画で、ウィルスに感染する危険があるニャ
ムビ子
そ、そうなの!?
動画ネコ
それに、ダウンロードと同時にアップロードされるソフトもあって、それで違法アップロードの罪に問われるケースがあるから注意だニャ
ムビ子
そんな…!
無料動画を見ただけで逮捕されるのなんて嫌だわ!
動画ネコ
あと単純に画質が粗いし、広告いっぱい出てストーリーに集中できないニャー
ムビ子
はぁ…じゃあ諦めるしかないわね
動画ネコ
無料で見れる方法知ってるニャ
ムビ子
でも、ネット上の動画はいろいろ危険なんでしょ?
動画ネコ
違うニャ。
公式の動画配信サービスを使うんだニャ
ムビ子
それって月額料金がいるやつでしょ?
お金出して見るほどじゃないのよねぇ…
動画ネコ
実は今だけ無料で見ることが出来るのニャ
ムビ子
え!?
そうなの!?

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」は、「TSUTAYA DISCAS」という動画配信サービスで無料で見ることが出来ます。

本来月額2417円(税抜き)かかるサービスなんですが、今なら30日間の無料お試しキャンペーンをやっているので、実質無料で見ることが出来るんです。

視聴するには432ポイントが必要になりますが、初回1080ポイントがプレゼントされ、それを使うことが出来るので問題ありません。

私も実際に試してみましたが、無料期間中に解約すれば料金は一切かかりませんでした。

もちろん、優良のサービスになるので、お試し期間で気に入れば、継続して利用することも出来ます。

↓↓↓

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の無料視聴はこちらから

ムビ子
こんな方法があったなんて…!
動画ネコ
広告とか出ないし快適ニャー
動画ネコ
しかもスマホでも見れるから便利だニャ
ムビ子
本当に無料なの?
動画ネコ
新規登録後30日間は無料で使えて、その期間内に解約すれば料金は発生しないニャ
ムビ子
他にどんな映画が見れるの?
動画ネコ
TSUTAYAにある映画・アニメが8万本以上無料で見れるニャ
▼TSUTAYA DISCASで見れる作品
ALWAYS 三丁目の夕日
ALWAYS 三丁目の夕日’64
永遠の0
キサラギ
県庁おもてなし課
フレンズ もののけ島のナキ
麦子さんと
BALLAD 名もなき恋のうた

※上記はほんの一部です

数日後…

ムビ子
すごい!
本当に無料で見れたわ!
ムビ子
他の映画やアニメも見れるから、この期間いっぱい見まくるわよ!
動画ネコ
喜んでくれたみたいで良かったニャ
動画ネコ
無料キャンペーンはいつ終了するかわからないから、今のうちに登録しといて良かったニャ
↓↓↓

TSUTAYA DISCASの無料お試しキャンペーンはこちらから

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ