グレイテスト・ショーマン【ネタバレ】

映画はいろんな方法で見ることができます。

映画館はもちろん、DVDを借りて家でのんびり鑑賞もいいでしょう。

しかし『グレイテストショーマン』は、ぜひ!映画館で見てください。

きっと映画館からの帰りはスキップをしたくなっているはずです。

-----スポンサーリンク-----

グレイテストショーマンのあらすじ

19世紀に活躍したP・T・バーナムの成功を描くミュージカル映画でサーカスを作り上げるところから始まる。

肌の色、人種、体の大きさなど様々な問題を抱える時代に、その人々と共に最高のショーをつくろうと奮闘。

そんな中で新たに出会う仲間や、愛してやまない家族に助けられたくさんの愛や勇気を学んでいく。

どんなにネタバレを見ても楽しめる映画!

ネタバレとは見つけてしまうと「映画館に行かなくてもいいかな」と思う方もいるかもしれません。

しかし!
この映画はどんなにネタバレをみたところで、まったく痛手ではないのです。

むしろ、ネタバレを見てから映画を見てもいいかもしれません。

なぜならば、この映画は歌が合わさることで最高の映画になるからです。

現在、『グレイテストショーマン』のサントラが発売されていますがその曲目に合わせて内容をお話しさせてください。

The Greatest Show / ザ・グレイテスト・ショー

映画が始まるとまずこの音楽が流れます。

サーカスを見に来ているお客さんの一糸乱れぬ足音。

その振動が音楽に合わせて映画を見ているこちらにも伝わってきます。

その足音に合わせて主人公のP.Tバーナムを演じる「ヒュー・ジャックマン」が歌います。

もう…冒頭からクライマックス。
鳥肌が止まりません。

ヒュー・ジャックマンの歌、サーカス団のパフォーマンス、見に来ているお客さんとの一体感。

すべてが合わさることで最高のショーが完成します。

しかし、あまりに最初からクライマックス過ぎて「あれ?もうサーカス成功している?お終い?」と疑問を持つかもしれません。

ですが、冒頭のこの曲は幼き頃の妄想という形でストーリーが始まっていくのです。

物語の舞台は19世紀半ばのアメリカ。

バーナムは仕立て屋の息子として生まれ、とても貧しい暮らしをしていました。

名家の家で仕立て屋として働く父の手伝いをしているとき、幼馴染の「チャリティ」にいたずらをして笑わせてしまい、チャリティの洋服に紅茶がこぼれてしまいました。

それを見た主人はバーナムをひどく叱責します。

落ち込むバーナムは海辺に座っていると、隣にチャリティが。

そこでチャリティはバーナムに打ち明けるのです。

「私は花嫁修行の学校に行かなくてはならないの」

悲しい顔をするチャリティにバーナムは歌で答えます。

A Million Dreams / ア・ミリオン・ドリームズ

この曲は未来の希望に思いをはせる歌。

今がどんなに辛くても、目をつぶると見える。
自分が自由になる世界が。

そう歌い始めます。

バーナムとチャリティが結婚するまでの話がこの音楽ですべて語れちゃうのです。

少しずつ大人になる二人、お互いのために頑張ろう、の幸せ未来のために頑張ろう。

そんな強い気持ちが歌から伝わってきます。

チャリティとバーナムは離れ離れになってしまいますが、お互いのことを思いながら文通を交わしますが、バーナムのお父さんは病に倒れなくなってしまいます。

それをきっかけに家を追い出されたバーナムは路頭に迷いますが、チャリティのことを考え、強く生きていく。

そして、鉄道会社で働くことが決まり、軌道に乗ったころでチャリティを迎えに!

「娘は貧乏生活に耐えきれずすぐに戻ってくる」

チャリティのお父さんから嫌味を言われつつも、夢に見た二人での生活に気持ちは抑えられません。

ここからは二人の世界。

チャリティを演じるミシェル・ウィリアムズとヒュー・ジャックマンの心に響く歌声とひきつけられるダンスにため息が出てきます。

かわいらしい二人の娘を授かり、順風満帆と思いきや…バーナムは会社をクビになってしまうのです。

しかし!!

この、クビが転機になったのです。

アイデアマンのバーナムは悪知恵を働かせ銀行からお金を借りることに成功しました。

そこでオープンしたのは「バーナム博物館」ですが…客足があまり良くないことから、より貧乏に。

そんな時に娘たちの言葉や本からバーナムは思いついたのです。

世間的には隠されて生きてきた人たち。
世間的には嫌われ、笑われる人たち。

「そんな人たちと一緒にショーをしよう」

はたから見たら異端な人たちを、逆に目立たせ、尚且つバーナムのハイセンスなキャッチフレーズでチケットはどんどん売れていきます。

さぁいよいよショーの始まりです!

Come Alive / カム・アライヴ

髭が濃い女性、小人症の人、黒人、アルビノ…様々な人種や種族を超えた最高のパフォーマンスに圧倒されます。

それをまとめるバーナムさんの地震に満ち溢れる笑顔。

ふと、気が付くと涙が出ていました。

輝こう。

その一言がとても重く、そしてすごく強い言葉に聞こえてくれるのです。

しかし、このショーを批判する人もたくさんいるんです。

街中の人はもちろん、評論家は「このショーは偽物だ。バーナムは詐欺師だ」と新聞でけなします。

損批判さえもポジティブにとらえてしまうのがバーナムです。

「批判している記事を持参すれば半額!」

チケットは完売状態が続き、バーナムのショーは大成功します。

そして、大きな屋敷を購入し家族幸せに暮らしましたとさ…

で終わらないんです!!!!!

ここからバーナムの欲がどんどん出てきます。

The Other Side / ジ・アザー・サイド

バーナムが娘、キャロラインのバレエ発表会で見かけた「ザック・エフロン」演じる劇作家のフィリップにバーで声をかけます。

「私のショーで君の呼び込みノウハウを教えてくれ。一緒にショーをしよう」

二人の駆け引きがこの曲で表現されています。

引いては押してを繰り返し、ハイテンポな音楽に合わせてお酒を飲み交わします。

ダンスを踊っているときは、バーのスタッフと動きのタイミングバチ!っと合うので何度も鳥肌!!

鳥肌がおさまるのは曲が終わるまでは難しいでしょう…。

見事交渉は成功し、フィリップが仲間に加わります。

そんなフィリップのコネで女王への謁見をする機会がサーカス団に与えられたのです。

どんどんサーカスを大きく指定校と考えていたバーナムでしたが、女王謁見のときにであった「レベッカ・ファーガソン」演じるジェニー・リンドに出会い、物語は大きく動き出していきます。

自分のショーをよりいいものにしよう…それだけではなくなってしまったんです。

Never Enough / ネヴァー・イナフ

ジェニー・リンドの歌は心が震えます。

伸びのある歌声と悲しげな表情の中に見える強い女性の顔。

歌詞には「満ち足りない」「大喝采じゃ物足りない」そうつづられています。

どんなに歌を歌っても彼女の心は癒されないのです。

そんな悲しみが歌から直接心に伝わってくるのでハンカチ必須です。

バーナムは自分の街でジェニー・リンドのコンサートを開催しました。

もちろん、大成功に終わ、サーカスを批判していた評論家も「これは本物だ」と大絶賛。

コンサートの成功を記念してお祝いのシャンパンを飲んでいるとき、コンサートに来ていたサーカス団のメンバーがぜひ合わせてほしいと会場にやってきました。

しかし…バーナムは「会場は満席だ、帰ってくれ」と、追い返してしまします。

This Is Me / ディス・イズ・ミー

この映画の中で、絶対になくてはならない音楽であり、グレイテストショーマンを象徴するような音楽。

「キアラ・セトル」演じるレティ・ルッツ が力強く、悲しみに打ち勝つかのように歌い上げます。

「隠されて生きてきた。
しかしもう違う。
どんなに嫌われていようがこれが私!」

バーナムに追い返されたこと、帰る道中で言われる誹謗中傷、周りからの視線。

すべてを振り払い、自分たちがいるべき場所へと帰り踊る姿は、とても勇気をもらえます。

一人ひとりが同じ人間であって、居場所をもらう権利がある。改めて考えさせられるような曲です。

しかし、そんな仲間たちの気持ちとは裏腹にバーナムはジェニー・リンドを連れて他国へ行ってしまいます。

ジェニー・リンドのコンサートを成功させるためにたくさんの借金をし、妻と子供たちをもおいて行ってしまうのです。

Tightrope / タイトロープ

バーナムがいない広い家で、あなたと一緒に手を取り合って息をのむほどの冒険をする。

そんな歌を歌うミシェル・ウィリアムズ演じるチャリティ。

長い廊下で一人でバーナムの影と踊り、風が吹いてカーテンが大きく揺れると同時に影のバーナムが消える。

何とも二人の人生を語っているようで、その瞬間に胸がキューっと締め付けられました。

そして、ジェニー・リンドのコンサートは大成功。

半分ほど終え、ジェニー・リンドと祝杯をあげているとき、二人の雰囲気が変わります。

しかし、そこでふと妻や子供たちの存在に気づき

「日程は完璧だ。
あとは私がいないでも大丈夫だろう。」

ジェニー・リンドに別れを告げようとするのです。

「私もショーのためのコマでしかなかったのね」

ジェニー・リンドに言われ呆然とするバーナムでしたが、次の日のコンサート終了後、キスをされてしまいます。

バーナムのいないサーカスではフィリップが団長として仲間をまとめますが、批判をしてくる街の住人とけんかになり、その一人が火を放ってしまうのです。

タイミングよく戻ってきたものの、建物は全焼。

コンサートも途中で中止になってしまったため利益はなし。

借金の肩に家は差し押さえられます。

「あなたが愛していたのはショーと自分。
一言相談してくれればよかった。
行ってくれたらいつだって一緒にやっていたのに」

チャリティはそういって、実家に帰ってしまいます。

From om Now On / フロム・ナウ・オン

傷心しきっていたバーナムのもとに現れたのは、サーカスの仲間たちでした。

「あなたのおかげで自分の家と言えるものができた。」たくさん声をかけられる中、何のために今までやってきたのか…。

「家族を幸せにするため」

それに気づいたバーナム、そしてサーカスの仲間たちも自分たちの家を取り戻すため、自分の家族を取り戻すために動く。

この曲はそんな励ましの歌、そして自分の気持ちを奮い立たせるための歌。

聞くだけでやる気に満ち溢れ、そして全員で踊るダンスに魅了されます。

この場面で改めていろんな人種や容姿を見ることができますが、みなそれぞれに誇りをもって生きていると感じさせられます。

しかし建物は焼失。借金まみれで資金もない。そんな時のアイデアマン。

「建物なんかいらない。
テントだ!!!」

フィリップが貯金してくれていた資金で波止場にテントを立て、最高のショーを開演させる。

最後はバーナムがショーのときに被っている帽子とテッキをわたし、バレエの発表会へと向かう。

家族も仲間もすべての愛を手に入れた、最高の夢想家P.Tバーナムの物語…。

最後の最後まで目が離せないこの映画。

もう一曲忘れてはいけない曲があります。

それはフィリップとサーカス団員のアンとの音楽。

二人は互いに惹かれあいますが、人種の違いからうまく近づくことができません。

そんなもどかしさを歌った曲です。

Rewrite The Stars / リライト・ザ・スターズ

運命さえかえて二人で一緒になろう。

フィリップはそう歌いますが、ゼンデイヤ演じるアンは「二人の運命は変えられない」そう言い残して去ってしまうのです。

悲痛な思いが声からも伝わってきて映画館全体が二人二人だけの空間のように見入ってしまいます。

安心してください。
二人はちゃんとお互いの気持ちに嘘をつかず、素敵な笑顔が最後は見られます!

いかがでしたでしょうか。

きっとサントラが聞きたい!もしくは映画館で直接体感したい!と思っていただけたでしょうか?

何度見ても楽しめる映画ですし、見たら誰かに伝えたくなってしまうんです。

私もその一人で、実はもう3回みにいっちゃいました。

そして、毎回スキップして映画館を後にしてしまいます…。

でもそれくらい毎回興奮する映画。

私の中では冗談抜きに一番最高の映画といえます。

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ