君の膵臓をたべたい【ネタバレ】

2017年公開の日本映画「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」

監督は月川翔、主演は浜辺美波、北村匠海。

今回は映画「君の膵臓をたべたい」のあらすじをまとめてみました。

ネタバレを含んでいますので、結末を知りたくない方はご注意ください。

-----スポンサーリンク-----

起:僕と桜良との出会い

国語教師が、授業でサン=テジュクペリの『星の王子さま』を取り上げて板書していると、男子生徒が隠れて本を読んでいたので、女子生徒が本を取り上げようとし、ちょっとした騒動が起きます。

しかし、国語教師はそれをとがめることもなく、何事もなかったように授業を続けます。

それが映画「君の膵臓を食べたい」の始まりです。

「君の膵臓を食べたい」は、山内桜良(浜辺美波)が膵臓を病んでいて、余命いくばくもなく、桜良が書いていた『共病文庫』をきっかけに主人公の「僕」(高校時代:北村匠海/現在:小栗旬)との交流を通して、何気ない日常を慈しむように描いた作品です。

「僕」は他人とのかかわりを嫌って一人読書に勤しむ日々を送る内向的な高校生です。

「君の膵臓を食べたい」では現在と12年前が自在に行き交い、国語教師の「僕」が回想するという形をとって物語は進んでゆきます。

病院で『共病文庫』を拾ったことで「僕」の日常は桜良のペースに巻き込まれ、一変します。

桜良はクラスの人気者でその友達に恭子(高校時代:大友花恋/現在:北川景子)がいて、桜良に「仲良しくん」と呼ばれる「僕」は、恭子に睨まれます。

桜良が余命いくばくもないということは「僕」以外知りません。

図書委員の「僕」と桜良。

桜良はある日、「君の膵臓をたべたい」と「僕」にいい、それは桜良にいわせると「昔の人はどこか悪いところがあると他の動物のその部分を食べた」ということをいいます。

この桜良がいう「君の膵臓をたべたい」という言葉がこの映画のキーワードということは映画の題名からして誰の目にも明らかです。

これが後々、重要な意味を持ってきます。

そして、他人に全く興味を示さない「僕」に対して勉強するようにと桜良は『星の王子さま』を渡します。

『星の王子さま』も「君の膵臓をたべたい」では重要な意味を持ちます。

国語教師の「僕」は取り壊されることになった図書館の蔵書を仮図書室に搬入する担当になります。

そして、国語教師の「僕」はひそかに机の引き出しに退職願を隠していて、教師を辞めようと思っています。

「君の膵臓をたべたい」では国語教師の「僕」が現在の図書委員の男子高校生に当時の「僕」と桜良との関係を語るという形態をとっています。

-----スポンサーリンク-----

承:桜良との旅行

ある日、「僕」と桜良は九州・博多へと泊りがけの旅行に行きます。

これは桜良が死ぬまでにしておきたいことの一つだったのです。

博多ラーメンを食べ、太宰府天満宮にお参りし、おみくじを引きます。

桜良が引いたおみくじは大吉で病気が治ると書いてあります。

一通り桜良がやりたいことをして、桜良が「僕」に「楽しかった?」と聞くと、僕は素直に「楽しかった」と答え、桜良を喜ばせます。

そして、宿泊先ですが、豪華なホテルで、しかし、ホテル側の手違いで、「僕」と桜良は一緒の部屋に泊まることになります。

桜良は普段通りに「お風呂に入ろう」といい、先に桜良はお風呂に入ります。

「僕」はどぎまぎするばかりなのでした。

「洗顔クリームとって」と桜良が湯船からいうと、「僕」は目をつぶって浴場にそれを置くのです。

映画ではプラトニックな二人の関係として桜良と「ぼく」の関係を描いていますが、この時、桜良は「僕」に抱いてほしかったようにも取れるのです。

「僕」がお風呂に入っていると桜良はお酒を飲んでいて、それも死ぬまでにしておきたいことの一つなのでした。

桜良がトランプゲームの「真実か挑戦」をやろうと、「僕」をけしかけます。

「真実か挑戦」はカードをめくって数字が大きいほうが勝ちで負けたほうに「真実」か「挑戦」を選ばせるのです。

「真実」を選ぶと勝ったほうの質問に正直に真実のことを話し、「挑戦」の場合は、勝ったほうのゆうことを聴くというものなのです。

桜良が勝ち、「僕」に「私はクラスで何番目にかわいい?」と聞き、「僕」は正直に「三番目」と答えます。

このあたり、「僕」と桜良が最後まで恋人になりえなかったことを象徴する場面です。

最後に、ゲームに勝った桜良は「挑戦」を選んだ「僕」にベッドまでお姫様抱っこで運ばせます。

そして、最後の最後、じゃんけんで「真実か挑戦」をし、桜良が勝ち、「僕」に一緒にベッドで寝るように言います。

どぎまぎする「僕」はなかなか寝付けません。

翌朝、桜良は携帯電話の呼び出し音で目が覚めます。

それは恭子からの電話なのでした。

恭子は桜良が「僕」と博多にいることにびっくりします。

桜良は「僕」に元カレの話をします。

桜良にいわせると元カレは友達としてならばいいのだけれども、といい、粘着質といいます。

そして、それは恭子が元カレと付き合うことを進めたことから「恭子は男を見る目がない」ときっぱりというのでした。

現在の恭子は結婚を間近に控えていたのです。

「僕」に恭子から結婚招待状が届いていて、「僕」は出席しようか、欠席しようか迷っています。

恭子の結婚相手は誰に対しても分け隔てなく接し、「ガムいる?」というのが口癖だったガム君こと宮田一晴(学生時代:矢本悠馬/現在:上地雄輔)なのでした。

-----スポンサーリンク-----

転:桜良の入院

そんなある日、桜良が入院します。

「僕」はすぐに桜良の病状が悪化したのではないかと思い、学校帰り桜良のもとを訪れます。

桜良は「僕」を見ると恥ずかしそうに毛布にくるまってしまいますが、「僕」に今日の授業内容を教えてもらいながら、「君、教師になりなよ。君、教えるの上手いし。私、人を見る目はある」といいます。

この桜の言葉がきっかけで「僕」は教師になったのでした。

そんなある日、桜良からいつもと雰囲気が違う電話がかかってきて、胸騒ぎがした「僕」は真夜中にもかかわらず、病院へと走って向かいます。

「僕」の顔を見る桜良の表情がいつもと違っています。

桜良は何とか明るく振舞うのですが、その不自然さに「僕」は気づきます。

「入院が伸びたの」と桜良はいい、「僕」は「死なないよね」といい、不安を口にします。

「僕」は桜良に対して生きててほしいと率直にいい、また、旅行しようといいます。

現在の「僕」は本当に教師になってよかったのかな、と図書委員の男子生徒にいい、「先生辞めないでね」と言われます。

結婚を控えた恭子は桜良と一緒に写った写真を見つめています。

校舎の屋上で読書をしている「僕」のところへ恭子がやってきて、恭子は中学時代、いじめられていて、桜良のみがそばにいてくれたから、桜良を悲しませることをしたなら、許さないと、「僕」にいうのでした。

「僕」はみんなに桜良のストーカーといわれる始末。

それは「君が話さないからだよ」と喝破する桜良に対して「僕」は他人がどう思おうが関係ないといういいますが、桜良にたしなめられます。

そして、桜良は自分が死んだならば『共病文庫』を読んでいいと「僕」にいい、指切りをします。

桜良と「僕」はここまでくるともう恋人同士といってもいいのですが、「君の膵臓をたべたい」では桜良と「僕」の関係はあいまいなままなのです。

それは、桜良を「ピュア」なままにしておきたかったのかもしれません。

桜良が退院する日が来ます。

喜び勇んで「僕」に会いに走り出す桜良。

「僕」は桜良との季節外れの桜見物に北海道へと二人で旅行するプランを立てながら桜良を待っています。

しかし、桜良は来ませんでした。

そして、「僕」は帰り道、桜良が通り魔に襲われて殺されてしまったことをニュースで知ります。

それから、一か月「僕」は部屋に閉じこもっていました。

立ち直るのに一か月の時間が必要だったのです。

結:現在の僕

一か月後、僕は、桜良に対して手を合わせに桜良の家を訪れます。

そして、桜良に手を合したのち、桜良の母に、『共病文庫』のことを話します。

それに対して桜良の母は、「僕」に対して感謝の意を示し、「あなたのおかげで、桜良は十分に生きられました」というのでした。

『共病文庫』を読む「僕」。

そこには「僕」の前では虚勢を張っていた桜良の本当のことが書かれてあったのです。

涙が止まらない「僕」。

「もう泣いてもいいですか」といい、やっと桜の死を受け入れ、泣ける「僕」がいたのでした。

図書委員の男子学生が落書きされた図書カードを「僕」に見せます。

「僕」は、すぐにそれが桜良が書いたものだとわかり、その図書カードの本、すなわち『星の王子さま』を探し回るのです。

図書委員以外立ち入り禁止の部屋でやっと『星の王子さま』を見つけた「僕」はそこに桜良からの伝言が書かれた便せんが残されてあるのを見つけ、そこには恭子宛てのものと「僕」宛てのものがあったのです。

僕は走り出して恭子の結婚式が行われるチャペルに急ぎ、桜良の伝言を恭子に渡すのです。

泣きながらそれを読む恭子。

そして、「僕」は「友達になってください」と桜良の望みをかなえるために恭子にいうと恭子は「はい」と答えるのでした。

そして、恭子は泣き崩れるのです。

「君の膵臓をたべたい」のラストシーンは「僕」への桜良の伝言が読み上げられ、終わります。

桜良の伝言は、「僕」のことを「僕」の名前である春樹と呼びたかったといい、そして、桜良はいつまでも春樹の中で生きたい、そんなありふれた言葉じゃなく、「君の膵臓をたべたい」という言葉でこの映画は幕を閉じます。

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ