メアリと魔女の花

映画「メアリと魔女の花」は、2017年公開の日本アニメ映画です。

制作はスタジオジブリから独立したスタジオポノック。
監督は借りぐらしのアリエッティや思い出のマーニーでお馴染みの米林宏昌さんが務めました。

今回は、そんな「メアリと魔女の花」のあらすじ、キャスト声優、主題歌、評価・感想と、フル動画を無料視聴する方法をまとめてみました。

U-NEXT

映画「メアリと魔女の花」は動画配信サービス「U-NEXT」で配信中。

しかも、今なら31日間の無料お試しキャンペーン中!

「メアリと魔女の花」を実質無料で視聴できます。

↓↓↓

「メアリと魔女の花」の無料視聴はこちらから

メアリと魔女の花を無料視聴する方法

海外サイトで観る

CHIA-ANIME
B9
ひまわり動画
YouTube

※リンク先でのトラブルは責任を負いかねますのでご了承ください。

テレビで観る

2018年8月31日21時から金曜ロードショーでテレビ初放送されるので、ここで無料視聴可能です。

動画配信サービスで観る

海外サイトはウイルス感染や架空請求などのトラブルに巻き込まれる危険性があるので、個人的にはおすすめ出来ません。

また、著作権侵害の恐れもあるため、利用する際は自己責任でお願いします。

テレビ放送は安心ですが、定期的にCMを挟むため鬱陶しいですし、そもそも放送を見逃してしまったという方も多いのではないでしょうか?

そんな方は動画配信サービス「U-NEXT」で視聴することをおすすめします。

初回31日間は無料で利用できるので、この期間に解約すればお金は一切かかりません。

広告も出ないので快適ですよ。

↓↓↓

「メアリと魔女の花」の無料視聴はこちらから

メアリと魔女の花のあらすじ

赤い館村に引っ越してきた主人公メアリは、森で7年に1度しか咲かない不思議な華《夜間飛行》を見つける。

それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の“魔女の花”だった。

一夜限りの不思議な力を手にいれたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法世界の最高学府”エンドア大学”への入学を許可されるが、メアリがついた、たったひとつの嘘が、やがて大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。

メアリと魔女の花のキャスト声優一覧

声優
メアリ・スミス 杉咲花
ピーター 神木隆之介
マダム・マンブルチューク 天海祐希
ドクター・デイ 小日向文世
フラナガン 佐藤二朗
シャーロット 大竹しのぶ
バンクス 渡辺えり
ゼベディ 遠藤憲一
ティブ 大谷育江
ギブ Lynn
赤毛の魔女 満島ひかり

メアリと魔女の花の主題歌

RAIN
SEKAI NO OWARI

メアリと魔女の花の評価・感想

元気がもらえる映画

少女が勇敢に魔法使いの大人たちに立ち向かっていく内容の映画となっています。

映画を見終わった後に、自分自身、明日も頑張ろうという、元気をもらう事が出来ました。

仲間を助ける為に、頑張り続ける姿勢は、本当に素晴らしいです。

★★★★☆

友達を助けるために周りの人の話を参考にしながら、女の子が一人で悩み奮闘する姿がとても印象に残っています。

限界に追い込まれた時にこそ、人間の本質が現れます。

メアリが導き出した結論、そして勇気ある行動に観ている私達は心動かされること間違いありません。

友人同士、家族連れの方におすすめの映画だと思います。

★★★★★

イラストが綺麗

ストーリー性という面では期待していたより、面白かったなぁという程度でしたが、期待していたよりよかったのは、やっぱりキャラクターの可愛さと背景描写の美しさです。

そしてダイナミックな動き。

ジブリメンバーがかなりいたというだけあって、ジブリスタジオが戻ってきた?!と感動しました。

★★★★☆

現実の世界から、単独の行動を好む生き物の黒猫に自然の神秘が詰まった森へと連れられ、魔法の世界へ訪れる少女メアリの成長の物語で、丁寧に描かれた映像も美しく、音楽もすっきりとしていて聴きやすく、内容がとても分かりやすく純粋に楽しめる作品に、久しぶりに出会えて嬉しく感じました。

★★★★☆

アニメ絵はとても綺麗で見応えがあったものの、演出がいまいち迫力に欠ける感じが否めませんでした。

また肝心のストーリーについては、やや単調で、盛り上がりに欠けるところも残念でした。

いろんな意味でまとまっている内容だったと思います。

牢屋から脱出するシーンが良かったです。

★★★☆☆

ジブリの面白さを継承

さすがならジブリ作品という感じでしたが、今までの作品に酷似して居た気がしました。

魔女の宅急便や千と千尋のような感じが否めませんでした。

それでもジブリならではのワクワクとドキドキがあって、この後どうなるのだろうという展開が流石でした。

★★★☆☆

なるほど!そういうことなのか!と思う場面もありましたが、ストーリーがシンプルでわかりやすいです。

制作スタッフの方々がジブリ出身ということもあり、絵の綺麗さ展開の鮮やかさ、迫力はさすがだなぁと感じました。

★★★☆☆

ストーリーはわかりやすくて、子供でも理解しやすい内容だと思います。

途中、ラピュタや魔女の宅急便、千と千尋やもののけ姫を思わせるような場面やキャラクターがいるなと感じ、さすがジブリだなと思いました。

全体的に楽しんで見ることができましたが、魔力が使えないはずなのにほうきに乗れたりしていて、つじつまが合わないところは微妙に感じました。

★★★☆☆

ジブリシリーズに少し似ているようなところは感じましたが、それでも素晴らしい描写で観ているこちらが映画の世界に引き込まれていきました。

ストーリーを作るために無理やり作られた世界観のところは違和感を持つ人が多いかもしれません。

★★★☆☆

設定や世界観はワクワクしますが、あまりにも期待を持ちすぎるのは禁物です。

面白いのですが、ストーリーのテンポがやや悪く、ツッコミどころもあります。

食事のシーンが美味しそうなのはさすがジブリという印象です。

★★★☆☆

ストーリー性が素晴らしい

ストーリーがとても良かったです。

ちゃんとむくわれていく、見てくれる人がいる。
そんな気持ちが救われていくようなストーリーですね。

ファンタジーといっても大人も楽しめる内容で、むしろ大人だからこそ気付かされるところがたくさんあります。

価値観を変えてくれるような名作の一つになりそうです。

★★★★☆

マイナス評価

感想としてはジブリをよく研究していてアニメーションの動きはいいと思います。

声優さんの演技も問題なしかと。

ただ個人的にキャラクターに今一つ魅力がないのと話しが壮大にしたいのはわかるけどちょっと無理があるような設定なのがあまり好きになれなかったですね。

★★☆☆☆

ジブリ作品ではありませんが監督がジブリ出身ということもあってか既視感のあるシーンが度々見受けられました。

子供が見て楽しめるように、あえてわかりやすく作っているのか全体的にあっさりしていて少々物足りなく感じました。

★★★☆☆

主題歌を歌うSEKAI NO OWARIのファンの子どものリクエストで観に行きました。

主題歌の「RAIN」はジブリの世界観に合っていてとても良かったですが、映画の内容はうーん、イマイチかも。

今まで観たジブリのつぎはぎって感じです。

突拍子もない主人公にも感情移入できませんでした。

もうジブリブランドだけでは人は集まらないと思います。

★★☆☆☆

正直、ちょっと残念な映画だ思いました。

今までのジブリは子供も大人も楽しめていたんですが、今回の内容は少し幼稚で大人が見るには物足りなさを感じました。

子供は最後まで見てましたが、私は正直もういいかな?って感じでした。

★★☆☆☆

「メアリと魔女の花」の無料視聴はこちらから

※本ページの情報は2018年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ