フライト・ゲーム【ネタバレ】

映画「フライト・ゲーム」は、2014年公開のアメリカ映画です。

監督はジャウム・コレット=セラ、主演はリーアム・ニーソン。

今回は、そんな「フライト・ゲーム」のあらすじ結末をまとめてみました。

ネタバレを含んでいるので、ご覧になる際はご注意ください。

-----スポンサーリンク-----

携帯へのメッセージ

過去のある出来事のストレスから、酒に溺れる生活を送っている航空保安官のビル(リーアム・ニーソン)。

仕事のために空港を訪れたビルは、煙草の火を貸した男性に「どこへ向かうのか?」と尋ねられても無視をするなど、気難しそうな雰囲気を漂わせます。

その一方で、空港の通路でぬいぐるみを落とした少女ベッカ(クイン・マッコルガン)に声をかけてぬいぐるみを拾ってあげるなど、優しい一面も見せます。

その後、ビルは仕事として旅客機に搭乗します。

顔なじみになっているキャビンアテンダントのナンシー(ミシェル・ドッカリー)と挨拶をかわしたビルは自分の席に向かいますが、隣席の女性ジェン(ジュリアン・ムーア)が窓側の席を希望したため、席をかわります。

飛行機の離陸後、ビルはトイレに入って禁煙の機内で煙草を吸うなど、荒んだ態度を見せます。

ところがそんなビルの仕事用の携帯に「1億5000万ドルを指定口座に入金しなければ、20分後に乗客を一人殺す」という脅しのメッセージが入ります。

さらに、犯人はビルが飲酒していることや煙草を吸っていることまでをも言い当て、ビルの動向をリアルタイムで監視していることをほのめかすのでした。

メッセージから犯人が機内にいると判断したビルは、もう一人乗り込んでいた航空保安官のハモンド(アンソン・マウント)に相談します。

ところがハモンドは仕事中の素行の悪いビルの言葉を信頼してはくれず、ビルに「騒ぎを起こすな」と厳命するだけに留めます。

ビルは客席を映す警備用モニターから犯人を探り出そうとしますが、一人では人手が足りません。

長年知り合いのキャビンアテンダントで信用できるナンシーに手伝いを頼んだほか、ずっと自分の隣に座っていて犯人ではないと確信できるジェンにも協力を頼んで、ビルは犯人捜しを始めます。

-----スポンサーリンク-----

増える犠牲者

犯人にメッセージを送り、返信が返ってきたときに携帯を触っていたものを容疑者としてメモしていくナンシーとジェン。

その中にはハモンドもいて、さらにハモンドは鞄をかかえてトイレに向かうという不審な行動を見せます。

犯人がビルのプライベートを知るようなメッセージを送ってきたこともあり、ビルはハモンドを犯人だと考えます。

ビルはハモンドを追いますが、ハモンドは自分の携帯を水没させて証拠隠滅を図ります。

そのうえ、銃を出して抵抗しながら「分け前をやる」と不審なことを言い出したため、ビルは格闘戦の末に彼を殺してしまうのでした。

ところが、そこでちょうど20分が経過し、最初の乗客殺害はビルの手で成し遂げられたことになってしまいます。

そして、また20分後に誰かを殺すと犯人からメッセージが届きます。

さらに、ビルからの報告で事態を調査していた上層部から、犯人の指定口座はビルの名義のものだと明らかになります。

ビルは上層部や機長から不信感を抱かれ、保安官バッジと銃を取り上げられてしまうのでした。

その後、ビルはハモンドの濡れた携帯をジェンに直してもらいます。

そのメッセージの履歴を見ると、ハモンドはビル同様に犯人から脅されていたと分かります。

ハモンドの鞄には大量の麻薬が詰まっていて、彼は立場を利用した麻薬の密輸を隠そうとしていただけだったと判明します。

-----スポンサーリンク-----

疑われるビル

追いつめられて焦り始めたビルは、航空保安官のバッジを取り上げられたにも関わらず、乗客たちに自分が保安官だと名乗り出て勝手な捜査を始めます。

ビルの振る舞いを見て、機長は彼がハイジャックを始めたのではないかと不審に思うのでした。

ビルは警備用モニターでの捜査時に目をつけていた容疑者を中心に調べていきますが、その途中、出発前の空港で煙草の火を貸した青年トム(スクート・マクネイリー)を見つけます。

「アムステルダムに行く」と語ったはずなのにロンドン行きの機内にいるトムを不審に思ってビルが詰問すると、トムは「行き先を尋ねたら100ドルやると言われた」と明かします。

ビルがトムを重要な容疑者として客席の後方に拘束した頃、また20分が経過します。

すると機体が突然大きく揺れ動き、操縦室に行くと機長の体調が急変していました。

ビルは乗客の一人で、一度は疑って手荷物検査をしたアラブ系の医師に助けを求めますが、手当の甲斐なく機長は死んでしまいます。

またもや犯人の予告通り、一人が犠牲になってしまうのでした。

機長がどうやって殺されたのか分からず、ビルは手詰まりだと感じて上層部のマレニック(シェー・ウィガム)に対応を求めます。

ところがマレニックはビルがハイジャック犯であると考え始めており、協力してくれません。

その後、ビルは自分の近くの席にいた青年ザック(ネイト・パーカー)がプログラマーであると知ります。

そして彼の協力で、ビルは自分が犯人にメッセージを送った際、相手の着信音が鳴るようにウイルスを仕込んでもらうのでした。

ビルは乗客を一か所に集めるため、ビジネスクラスを強引に閉鎖します。

ビルの横暴な捜査の連続に、乗客からは反感が起こっていました。

さらに、副操縦士のカイル(ジェイソン・バトラー・ハーナー)が緊急着陸のための急旋回をはじめます。

ビルがウイルス入りのメッセージ送信を実行すると、乗客の一人の携帯が鳴ります。

「自分の携帯じゃない」と主張する男性にビルが詰め寄りますが、男性は突然苦しみだして倒れてしまいます。

そのとき、またもや20分が経過するのでした。

行き詰った状況の中、現実逃避のようにトイレに入って煙草を吸うビル。

ところが煙の流れで、機長の操縦席を狙えるようにトイレに小さな穴が開いているのを見つけます。

さらに、死んだばかりの男性の首に針のようなものが刺さっているのも発見します。

最後にトイレを使ったジェンに対してビルは詰問しますが、彼女は自分がいつ心臓が止まってもおかしくない身体で、ビルの席の近くに移動したのも「もし死ぬなら外の景色を眺めながら死にたいから」というものでした。

ジェンの言葉を聞いて、ビルは彼女を全面的に信用することを決めます。

-----スポンサーリンク-----

真犯人は?

その後、テレビでビルがハイジャックを起こしたというニュースが流れ、その報道内容を機内の乗客たちも観てしまいます。

そこでは、ビルが幼い娘を病気で亡くしてから、妻とも離婚し、アルコール依存症になったという事実が明かされるのでした。

また、ビルを装った「自爆する」といった内容のメッセージが上層部やFBIに送られてしまいます。

ビルはハモンドの鞄のコカイン袋を破ったところ、その中からついに爆弾を見つけ出します。

ところがその時、ビルをハイジャック犯だと考えた乗客たちが反撃し、ビルの銃を奪います。

ビルは乗客たちに、自分が娘の死で自暴自棄になっていたことなどを包み隠さず打ち明けます。

その上で、乗客を救いたいと心から思っていることを伝え、乗客たちも彼を信じると決めるのでした。

ビルの指示で、爆弾は機体の後方に置かれ、その上に荷物類が被せられて爆発のショックを和らげる準備が行われます。

その一方で、ビルは爆発と気圧差によるダメージを抑えるため、副機長のカイルに8000フィートまで降下するよう指示を出します。

ところがハイジャックと断定されたビルたちの機は空軍に包囲され、へたに降下したら撃墜される状況になっていました。

その後、ビルは乗客が隠し撮りしていた機内の映像から、トムが一連の犯人だと気づきます。

さらに、ザックもその共犯だったと判明します。

今回のハイジャックは、911テロと一連の戦争でアメリカが何も学んでいないと考えたトムがザックを仲間にして計画を実行に移し、テロの危険性を警鐘するためのものでした。

ところがトムとザックの間で仲間割れが起き、ザックはトムを撃ちます。

そのとき、カイルが意を決して急降下を始め、機体が大きく揺れて犯人たちに隙ができると、ビルは二人を倒すのでした。

そのとき、ついに爆弾が爆発します。

機体に穴が開きながらもカイルがなんとか緊急着陸を果たし、乗員乗客の命は救われます。

関係者の証言でビルの疑いも晴れ、ビルはハイジャック犯ではなく、事件を防いだヒーローになるのでした。

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ