猿の惑星:聖戦記 4/5 (1)

映画「猿の惑星:聖戦記(グレートウォー)」は、2017年公開のアメリカ映画で、「猿の惑星」シリーズの通算9作目。

と同時に新シリーズの完結作となっており、興行収入4億9千ドルを超える大ヒットを記録しました。

今回は、そんな「猿の惑星:聖戦記」のあらすじ、キャスト、評価・感想と、吹き替え・字幕フル動画を無料視聴する方法をまとめてみました。

映画「猿の惑星:聖戦記」は動画配信サービス「TSUTAYA DISCAS」で配信中。

しかも、今なら30日間の無料お試しキャンペーン中!

「猿の惑星:聖戦記」を実質無料で視聴できます。

↓↓↓

「猿の惑星:聖戦記」の無料視聴はこちらから

猿の惑星グレートウォーのあらすじ

猿と人類が全面戦争に突入して2年。

猿の群れを率いるシーザーは、軍隊を統率する冷酷非情な大佐の奇襲によって妻子を殺されてしまう。

大佐への憎悪に駆られたシーザーは、多くの仲間を新たな隠れ場所へと向かわせ、自身はわずかな仲間と共に復讐の旅に出る。

その道中で口のきけない人間の少女と出会い、ノバと名付けた一行は、さらに人間の物資を盗んで生きている奇妙なチンパンジーのバッド・エイプと遭遇し、大佐の居場所を知る彼に道案内をさせる。

やがて大佐のアジトである巨大な要塞にたどり着いたシーザーたちだったが、冷静さを失っていたために大佐に捕獲されてしまう…。

猿の惑星グレートウォーのキャスト一覧

キャスト 吹き替え
シーザー アンディ・サーキス 小原雅人
バッド・エイプ スティーヴ・ザーン 柳沢慎吾
モーリス カリン・コノヴァル 斉藤次郎
ロケット テリー・ノタリー
レッド・ドンキー タイ・オルソン 白熊寛嗣
ルカ マイケル・アダムスウェイト
コバ トビー・ケベル 三宅健太
コーネリア ジュディ・グリア
レイク サラ・カニング
ブルーアイズ マックス・ロイド=ジョーンズ
コーネリアス デヴィン・ダルトン
ウインター アレクス・ポーノヴィッチ
大佐 ウディ・ハレルソン 大川透
ノヴァ アミア・ミラー
プリーチャー ガブリエル・チャバリア 阪口周平
日本語吹き替え版ナレーター 山野井仁

猿の惑星グレートウォーの評価・感想

CGがリアル

まず、猿のCGの造形が非常にリアルで、戦闘シーンも迫力がある点は良かった。

途中で出てくるバッドモンキーは、映画全体に漂っているシリアスな雰囲気を和ませてくれるので、良いアクセントになっていたと思う。

猿達も色々な種類がいて、それぞれのキャラが立っている点も良いと思った。

ただし、後半になるにつれて戦闘シーンが少し単調になってきたので、そこはイマイチだった。

★★★★

プラスの感想、良かった点はやはりCG技術が本当にすごい!と思いました。

一番初めの猿の惑星を見た後だとよりそのすごさがわかります。

さらに、キャストも「猿」なのにきちんと区別がつくため、猿はみんな猿という感覚からちゃんと個々を識別できる程に特徴や差別化ができていたと思います。

ストーリー性の面で言えば、前作を見ていないとわからない、キャラクターがつながらないという弊害を感じました。

本作だけを見た人は、疑問に思う部分が多いかもしれません。

個人的には「大人の情け」を感じるシーンもあったので、猿という動物がここまで熟考できる知恵をつけるかもしれないと考えると、少し怖くもあり神秘的でもある作品でした。

★★★★★

最初に1作目の大ファンなのですが、1作目ほどの驚きは正直なかったです。

1作目が大傑作なので仕方ないとは思いますが。

しかしよかった点も多くCGで描かれる大迫力の映像はまさに映画って感じでよかったです。

気になるポイントとしては監督さんが違うので仕方ないのかもしれませんが、世界観がだいぶ違うものになってしまったので、そこで賛否が分かれてしまうところかなと感じました。

やはり初代のファンとしては、もう少しその辺に考慮していただければもっといい作品になったかなと思います。

映画として初めて見る方などは面白く見れる作品なので、総合としてはいい映画だったと思います。

★★★☆☆

何作か続編が作られている人気作です。

やっぱり人気作だけあって、映像表現やストーリーなどなど…クオリティが高いです。

まさかここまでシリーズができるとは思ってなかったですが、ストーリーの整合性もありいい続編でした。

★★★★

もともと旧作シリーズと違い、猿のキャラクター「着ぐるみ+特殊メイク」ではなくオールCG(合成用のスーツを着た役者にCGを合成する)方法の絵作りで、今作はその技術がくるところまできた、というのが分かるくらい猿の表情がとても豊かで、喜びや怒りだけでなく、悲しみや哀れみなどの機微な表情の変化がとにかく素晴らしい。

★★★★

主演の「シーザー」の表情がたまらないです。

特殊メイクとは思っていますが、「シーザー」そのものが実在しているかのようです。

表情・体つき・歩き方、など実際の存在であるかのようです。

少女が出てきます。

将来に向かっての、人間と進化した猿との新しい関係性を象徴する存在です。

役目を果たしたかのような「シーザー」の最後の表情が、記憶に残ります。

★★★★★

考えさせられる作品

シリーズ化されているので猿と人類の全面戦争という設定にも違和感なく入っていけるところがやや侵食されてる感じですが、人間の支配的なところやエゴなどを猿の側、他の側面で見ることで生き方や在り方を考えさせられる映画です。

アンディ―・サーキスが演じるシーザの猿のようで人間のようで孤高な感じはこの世界観にぴったりです。

それにしても、奇襲でシーザの家族を襲うというやり方はやっぱりひどいと思います。

それぞれが共存していく難しさは猿と人類を超えて世界に向けてのメッセージなのかなとも思います。

戦いは理論と感情だけだと平行線しかないので、あまり楽しい内容だとは言えませんが、情緒ある猿、情緒ある人間たちが少しでもいることが救いでした。

★★★☆☆

猿・人間の心理描写が素晴らしい

「聖戦」というタイトルからどちらか一方、とくに猿の側に偏った目線で描かれてしまうのかと思い恐る恐る映画館に向かいましたが、蓋を開けてみれば猿を通して人間の愚かさをも描くこれまでの猿の惑星の持ち味がしっかり発揮されていて安心しました。

シーザーが復讐を理由に戦いに身を投じるのも、人間味が「出てしまっていて」とても良かった。

★★★★

猿と人間の戦争だけでなく、人間と人間、主人公の猿と大佐との復讐劇等もあり、あっという間に終わってしまった印象です。

主人公の気持ちの葛藤や、大佐の気持ちの葛藤も上手に表現されていて、映画にどんどん引き込まれていきました。

超おすすめの作品です。

★★★★

なぜ人間が猿に支配されたのかが明らかに

オリジナルの前日譚として描かれているが、あくまでリブートなので直接的な繋がりはない。

なぜ人類がサルに支配される様になったのかは、この三部作で明確になった。

また、技術的な猿の進化が凄い(CGとキャプション)。

「猿vs人」「猿vs猿」「人vs人」の三様が絡み合いながらストーリーは進んでいく。

ただ全編通して大々的な戦いメインではなく、タイトルの印象からすると地味。

★★★☆☆

シーザーの人生(猿生?)の旅が描かれた3部作の締めくくりとして完璧な作品でした。

創世記、新世紀、聖戦記、3作合わせてひとつの壮大な物語として完成したように感じました。

1968年に公開されたオリジナル第1作の、賢く進化した猿はどうして生まれたのか?どうして人間は知能が退化して猿に支配されるようになったのか?その歴史の転換点を描いた神話になっているように思いました。

モーション・キャプチャーでシーザーを演じた主演のアンディ・サーキスはこのシリーズの演技で賞を取ってもいいと思う!

CGの猿であることを忘れて自然に観てしまいました。

あと、今作で新登場のバッド・エイプもかなり好き。

基本的にシリアスな展開が続く中で緊張感をほぐしていて、めっちゃ面白い。

★★★★

この映画は、なぜ猿たちが社会を制圧し人間を支配するようになったのか非常に分かりやすく話が進んでいくと思いました。

長きにわたったシーザーの苦悩が終わるんだと思うとお疲れ様っと言いたくなってきました。

モーションキャプチャー とは思えない一体化した動きと表情には観客も見事にはまっていくのが分かりました。

仇役のハレルソンもバッチリ決めて猿人による大河ドラマを見ているような気がします。

リーダーたる者どうあるべきか非常に単純な姿勢すら保てない馬鹿だらけの政界にも渇を入れたような清々しさは選択を間違うと世界がどうなるかを気付けたと思います。

だから、そうなったのかという納得できるし、現実にそうならないことを祈るだけです。

★★★★

ハラハラドキドキの展開

猿の惑星は新作が出るたびに必ず映画館へ行き、1人で見るのが楽しみです。

猿と人間との物語、現実にもおきてもおかしくないような話で、ハラハラドキドキしながら見ているというあっとゆうまに映画が終わってしまいました。

次回の作品も楽しみにしてます。

★★★★★

マイナス評価

今回で3作目となる猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)ですが、前作、前々作にあったような人間と猿の心情であったり関係性がいまいち伝わりづらくその点が残念に感じました。

この戦争の意味はと問いたくなる内容です。

★★★☆☆

新生猿の惑星三部作の最終章ということでシーザーの物語もこれでラスト。

旧作に繋がるように無理矢理軟着陸させた感は否めないです。

それにしても人類の暗い未来にションボリ。

テイラーが宇宙から戻ってくるのは10年後ぐらいになるのかな。

★★★☆☆

総合評価

4/5 (1)

あなたの感想もお聞かせください

この作品の評価を5段階で投票してください(星が多いほど高評価)。

コメント等ありましたら、下記コメントフォームよりお待ちしております。

猿の惑星グレートウォーの動画を無料視聴する方法

ムビ子
シリーズ好きだから「猿の惑星:聖戦記」も見たいなぁ
ムビ子
ネットに無料動画とか上がってないかしら?
動画ネコ
無料動画は危険だニャ
ムビ子
え?何で?
動画ネコ
あれは違法アップロードされた動画で、ウィルスに感染する危険があるニャ
ムビ子
そ、そうなの!?
動画ネコ
それに、ダウンロードと同時にアップロードされるソフトもあって、それで違法アップロードの罪に問われるケースがあるから注意だニャ
ムビ子
そんな…!
無料動画を見ただけで逮捕されるのなんて嫌だわ!
動画ネコ
あと単純に画質が粗いし、広告いっぱい出てストーリーに集中できないニャー
ムビ子
はぁ…じゃあ諦めるしかないわね
動画ネコ
無料で見れる方法知ってるニャ
ムビ子
でも、ネット上の動画はいろいろ危険なんでしょ?
動画ネコ
違うニャ。
公式の動画配信サービスを使うんだニャ
ムビ子
それって月額料金がいるやつでしょ?
お金出して見るほどじゃないのよねぇ…
動画ネコ
実は今だけ無料で見ることが出来るのニャ
ムビ子
え!?
そうなの!?

猿の惑星:聖戦記は、「TSUTAYA DISCAS」という動画配信サービスで無料で見ることが出来ます。

吹き替え・字幕どちらもOK。

本来月額2417円(税抜き)かかるサービスなんですが、今なら30日間の無料お試しキャンペーンをやっているので、実質無料で見ることが出来るんです。

視聴するには540ポイントが必要になりますが、初回1080ポイントがプレゼントされ、それを使うことが出来るので問題ありません。

私も実際に試してみましたが、無料期間中に解約すれば料金は一切かかりませんでした。

もちろん、優良のサービスになるので、お試し期間で気に入れば、継続して利用することも出来ます。

↓↓↓

「猿の惑星:聖戦記」の無料視聴はこちらから

ムビ子
こんな方法があったなんて…!
動画ネコ
広告とか出ないし快適ニャー
動画ネコ
しかもスマホでも見れるから便利だニャ
ムビ子
本当に無料なの?
動画ネコ
新規登録後30日間は無料で使えて、その期間内に解約すれば料金は発生しないニャ
ムビ子
他にどんな映画が見れるの?
動画ネコ
TSUTAYAにある映画・アニメが8000本以上(※)無料で見れるニャ

※新作・準新作などを除く 動画見放題対象作品 (約8,000タイトルの中から)

▼TSUTAYA DISCASで見れる作品
猿の惑星
続・猿の惑星
新・猿の惑星
猿の惑星・征服
最後の猿の惑星
PLANET OF THE APES/猿の惑星
猿の惑星:創世紀
猿の惑星:新世紀

※上記はほんの一部です

数日後…

ムビ子
すごい!
本当に無料で見れたわ!
ムビ子
他の映画やアニメも見れるから、この期間いっぱい見まくるわよ!
動画ネコ
喜んでくれたみたいで良かったニャ
動画ネコ
無料キャンペーンはいつ終了するかわからないから、今のうちに登録しといて良かったニャ
↓↓↓

TSUTAYA DISCASの無料お試しキャンペーンはこちらから

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ