映画「スパイダーマン:ホームカミング」 4/5 (1)

映画「スパイダーマン:ホームカミング」は、2017年公開のアメリカ映画で、スパイダーマン実写映画シリーズの第6作目。

マーベル・コミックの実写映画を同一の世界観として扱う「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズとして製作された本作は、監督をジョン・ワッツ、主演をトム・ホランドが務めています。

今回は、そんな「スパイダーマン:ホームカミング」のあらすじ、キャスト、評価・感想と、吹き替え・字幕フル動画を視聴する方法をまとめてみました。

映画「スパイダーマン:ホームカミング」は動画配信サービス「U-NEXT」で配信中!

吹き替え・字幕どちらでも視聴することが出来ます。

↓↓↓

「スパイダーマン:ホームカミング」の視聴はこちらから

スパイダーマン:ホームカミングのあらすじ

ベルリンでのアベンジャーズの戦いに参加し、キャプテン・アメリカからシールドを奪って大興奮していたスパイダーマン=ピーター・パーカー。

昼間は15歳の普通の高校生としてスクールライフをエンジョイし、放課後は憧れのトニー・スターク=アイアンマンから貰った特製スーツに身を包み、NYの街を救うべく、ご近所パトロールの日々。

そんなピーターの目標はアベンジャーズの仲間入りをし、一人前の<ヒーロー>として認められること。

ある日、スタークに恨みを抱く宿敵”バルチャー”が、巨大な翼を装着しNYを危機に陥れる。

アベンジャーズに任せておけと言うスタークの忠告も聞かずに、ピーターはたった一人、戦いに挑むが―。

スパイダーマン:ホームカミングのキャスト一覧

キャスト 吹き替え
ピーター・パーカー
(スパイダーマン)
トム・ホランド 榎木淳弥
エイドリアン・トゥームス
(バルチャー)
マイケル・キートン 大川透
ハッピー・ホーガン ジョン・ファヴロー 大西健晴
ミシェル・ジョーンズ ゼンデイヤ 真壁かずみ
アーロン・デイヴィス タイン・デイリー 西宏子
ネッド ジェイコブ・バタロン 吉田ウーロン太
リズ ローラ・ハリアー 美山加恋
メイ・パーカー マリサ・トメイ 安藤麻吹
トニー・スターク
(アイアンマン)
ロバート・ダウニー・Jr 藤原啓治
ユージーン・”フラッシュ”・トンプソン トニー・レヴォロリ 畠中祐
ジャクソン・ブライス
(初代ショッカー)
ローガン・マーシャル=グリーン
ハーマン・シュルツ
(二代目ショッカー)
ボキーム・ウッドバイン 諏訪部順一
フィニアス・メイソン
(ティンカラー)
マイケル・チャーナス 山本満太
マック・ガーガン マイケル・マンド 青山穣
モリタ校長 ケネス・チョイ 遠藤大智
ハリントン先生 マーティン・スター 長野伸二
エイブ エイブラハム・アッター 梶裕貴
シンディ ティファニー・エスペンセン 伊波杏樹
ジェイソン ジョージ・レンデボーグ・Jr 浪川大輔
ベティ・ブラント アンガーリー・ライス 水瀬いのり
カレン ジェニファー・コネリー 井上喜久子
F.R.I.D.A.Y.  ケリー・コンドン 安井絵里
ペッパー・ポッツ グウィネス・パルトロー 岡寛恵
スティーブ・ロジャーズ
(キャプテン・アメリカ)
クリス・エヴァンス 中村悠一
ゲーリー スタン・リー 高桑満

スパイダーマン:ホームカミングの評価・感想

今までとは一味違うスパイダーマン

スパイダーマンの映画はこれまで何回もリブートされ、最近では5つの映画がありますが、この作品は今までと違うスパイダーマンを見ることができます。

また、マーベルシネマティックユニバースに属しており、シリーズを見ている人でも見ていない人でもたのしめる作品でした。

キャストも今までのスパイダーマン映画よりも主役の人が若く共感できる部分もあり、特にスマホを使っているというとこはとても親近感がわき、面白かったです。

スパイダーマン自身の能力だけでなく今までただのコスチュームであったスーツもハイテク化されていてその機能に驚きました。

シリーズを見ている人は来年公開のアベンジャーズにつながってくる作品なのでぜひ見てほしい作品でした。

★★★★★

昔からスパイダーマンが好きで公開するといつも映画館に観に行くほどです。

今回のホームカミングは今までのスパイダーマンの設定を大きく変えつつもスパイダーマンらしさをしっかりと取り入れてある作品だと思いました。

あのアイアンマンのサポートを受けながら共に戦うと言う点でもマーベル作品好きにはとても楽しめる作品だと思います。

★★★★

今回の「スパイダーマン・ホームカミング」は、前2作の「スパイダーマン」の3部作と「アメイジングスパイダーマン」の2部作のストーリーがちょっと変わっているだけなので前の作品を見た方は、思い出しながら見れます。

主人公のピーター・パーカーは、アベンジャーズのアイアンマンに憧れておりアベンジャーズに入るために悪党どもやっつけ、一生懸命実績を積んでいきます。

★★★★★

今までのスパイダーマンとはまた違う作品になっていてなかなか楽しめました。

アベンジャーズ関連の作品ということもあり、アイアンマンも登場するのでアベンジャーズの関連作品が好きな方は楽しめる作品でした。

特にスパイダーマンとアイアンマンのやりとりや、アベンジャーズに参加するまでの繋がりが観れるので面白かったです。

★★★★

過去サムライミ版とアメイジングで映像化されているスパイダーマンだが、ホームカミングで再度リブートされた。

何度も同じヒーローで映画を作られている作品であるが、今回は今までと違った新鮮さがある。

既にヒーローとして活動しているところから始まっているので、グダグダとくだらない悩みなどと展開もなく、サクサクと進んでいく。

コメディ感もあり、アクションも摩天楼に頼らずに高品質。

キャストもイメージとかけ離れているキャラクターはいない。

ストーリー展開もわかりやすくテンポよく、上映時間の間退屈することなくみることができる良作。

英語版はもちろん、吹き替え版の声優も話題性重視の素人芸能人はいないので、クオリティに問題はない。

ただジャニーズが主題歌を担当したところだけがマイナス。

★★★★★

マーベルシネマティックユニバースの仲間入りとなったこともあり、アベンジャーズを感じさせられる細かい部分もあり非常に楽しむことができました。

これまでのスパイダーマンとは違ったスーツの性能や技もあり、見所の多い作品になっていると感じました。

★★★★★

今までスパイダーマンシリーズは何作もあったが、今回の主人公は少し子供っぽい一面もあり、しかし自分の実力があるのをもっと上手に世の中の役に立ちたいという思いから凶悪な犯罪を止めようとして活躍します。

アベンジャーズの一員でもあるアイアンマンも登場し作品の中では重要な役を果たすのも見どころです。

とても迫力があり面白い映画になっています。

★★★★

少年が成長していく姿に注目

今どきの若者がヒーローになるまでの過程がしっかりと描かれ、これまで他の作品にて自由奔放に描かれていたアイアンマンが導く姿も新鮮な感じがして面白かったです。

ただ、CG的なアクションよりも生身のアクションのシーンがたくさんあると良かったと思います。

★★★

少年が成長していく物語です。

このあとが、本当の「スパイダーマン」として物語になっていくのでしょう。

まだまだ少年なので、妙なところに力が入って、危ない目にあいます。

「アイアンマン」に危ないところを助けられますが、すっかり子ども扱いされます。

でも、少年の純粋な思い込みが、良い結果を引き起こすようになるのです。

次回作の少年から青年へと成長した「スパイダーマン」を、みたいものです。

★★★★

スパイダーマン:ホームカミングを上映開始2週間後に観て来ました。

スパイダーマンシリーズはどれも好きですが、今回は大切な物を選ぶ葛藤など自分との戦いみたいな感じで、もどかしい気持ちになります。

その葛藤の先に自分で納得して決断した後の清々しさを感じ、人として成長させられる良い作品でした。

★★★★

アクションシーンが爽快

やはり、スパイダーマンの魅力は、あの息もつかせぬアクションです。

スパイダーマンと敵との手に汗握るアクションに、どんどん引き込まれ、気がつけば映画が終わっていました。

見た後の爽快感は、どのスパイダーマンを見ても、いつも抱く感想です。

とても面白い映画でした。

★★★★

ヒーローのあるべき姿とは?

2017年の夏はたくさんの映画を観ましたが、その中で一番面白い作品でした。

コミカルとシリアスのメリハリやアイアンマン・キャプテンアメリカらの登場といった点はもちろんですが、”スーツを脱げばただの子供”であるスパイダーマンがヒーローとして成長する姿がとても印象的でした。

マーベルシリーズは“ヒーローのあるべき姿”というある意味で哲学的なテーマが丁寧に描かれている作品ですが、スパイダーマンホームカミングでもその世界観がうまく受け継がれていると感じました。

★★★★★

青春!!

マーベル映画よくわからないしなー、スパイダーマン、リブートか~、アメリカでの評判が良い『ワンダーウーマン』は女性ヒーローが主人公だし見たいけど、どうしようかなー、なんて思ってたのですが、見て本当に良かった…!

ヒーロー映画としても素敵でしたが、高校生たちの青春っぷりが最高の映画でした。

少年漫画好きには絶対!おすすめです!

★★★★★

アイアンマンがかっこいい!

ロバートダウニージュニア演じるアイアンマンの格好よさを思い知るための映画。

主人公は精一杯頑張る好青年だが、彼自身のスキルや性格には特筆すべき魅力がない。

そのため、たまに出てくるアイアンマンのシビれるようなスマートさにガツンとやられるのだ。

★★★

マイナス評価

前作のイメージがまだ強く残っているせいか、ピーター役がしっくりこないというか、あのネクラな情けないご近所のお兄ちゃんではなくなっていたのが時代なのかな?と思いました。

ロバートダウニーJrは、なんというかいつも通りで安心しましたけど。

★★★

総合評価

4/5 (1)

あなたの感想もお聞かせください

この作品の評価を5段階で投票してください(星が多いほど高評価)。

コメント等ありましたら、下記コメントフォームよりお待ちしております。

スパイダーマン:ホームカミングの動画を視聴する方法

スパイダーマン:ホームカミングは、「U-NEXT」という動画配信サービスで見ることが出来ます。

視聴するには756ポイント必要になりますが、初回登録時に600ポイント付与されるので、実質156円で視聴できてお得!

本来月額1990円(税抜き)かかるサービスなんですが、今なら31日間の無料お試しキャンペーンをやっているので、無料期間中に解約すれば料金は一切かかりませんでした。

吹き替え・字幕どちらも見ることが出来るのでオススメです。

↓↓↓

「スパイダーマン:ホームカミング」の視聴はこちらから

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ