トリガール! 4/5 (1)

映画「トリガール!」は、2017年公開の日本映画で、中村航さん原作の同名小説を実写化したもの。

鳥人間コンテストに出場する大学サークルを描いた本作は、土屋太鳳さんが主演を務め話題を集めました。

今回は、そんな「トリガール!」のあらすじ、キャスト、主題歌、評価・感想と、フル動画を無料視聴する方法をまとめてみました。

映画「トリガール!」は動画配信サービス「TSUTAYA DISCAS」で配信中。

しかも、今なら30日間の無料お試しキャンペーン中!

「トリガール!」を実質無料で視聴できます。

↓↓↓

「トリガール!」の無料視聴はこちらから
※入会から30日間が無料期間となります。

トリガールのあらすじ

流されっぱなしで生きてきた“鳥山ゆきな”。

大学入学早々、一目惚れした圭先輩に誘われるまま、フラフラと人力飛行サークル〈Team Birdman Trial〉のパイロット班に加入する。

100人近い部員たちが、琵琶湖で開催される夏の大会に向けて準備を進める中、トレーニングを積む“ゆきな”の前に、「狂犬」と呼ばれる坂場先輩が現れ、圧倒的な力を見せつけて正パイロットの座を奪ってしまう。

やる気を失ったゆきなだが、渋々参加したテストフライトで、圭先輩が大怪我を負う事故が起きる。

機体は損傷、パイロットを失い、ショックを受ける<TBT>メンバー。

そんな中、ゆきなは坂場が抱えた心の傷とサークルの悲願を知る。

自分がどうしたらいいかを悩む中、「誰かが漕がなきゃ飛ばない」という親友の和美の言葉に背中を押され、仲間達の想いを繋ぐため、坂場先輩と二人で飛ぶことを決意する。

ゆきなと坂場は、全ての想いを乗せて琵琶湖の空にキセキを描けるのか―。

トリガールのキャスト一覧

キャスト
鳥山ゆきな 土屋太鳳
坂場大志 間宮祥太朗
高橋圭 高杉真宙
島村和美 池田エライザ
古沢 矢本悠馬
横原 前原滉
メガネ女子 佐生雪
アナウンサー 羽鳥慎一
ペラ夫 ナダル
二郎似の住職 轟二郎
ひこにゃん ひこにゃん

トリガールの主題歌

空も飛べるはず
ねごと

トリガールの評価・感想

トリガールを実際に見た人の評価・感想をまとめてみました。

評価は5段階で★の数が多いほど高評価となります。

テンポが良く夢中になる

鈴木先生に出演していた土屋太鳳が目当てで、この映画のストーリーなど、予備知識が一切ないままみました。

良かった部分は鳥人間にかける部員の想いを上手に演者が表現していて、いつのまにか土屋太鳳の事は忘れ、ストーリーに夢中になっていました。

やはり、笑いやユーモアを交える事によってテンポもよく、観終わる頃には興奮して少し汗をかいていました。

後、私も理系なので、理系独特のノリがツボでした!

★★★★☆

キャストの演技が素晴らしい

とても良かったと思います。

間宮くん&太鳳ちゃんの二人のコンビが素晴らしいと思いました。

太鳳ちゃんのスポーツマンって感じがとてもいい感じでした、

台詞がリズムよく観ていて退屈しなくとても見ごたえがあると思いました。

★★★★★

ガールシリーズをずっと見ているので、今回も大いに楽しみ、たくさん笑うことができました。

期待以上の満足感がハンパなかったです。

学生時代の懐かしさもありました。

一生懸命の太鳳ちゃんのアスリート魂に惚れ惚れしました。

★★★★☆

漫画よりこちらの方が、躍動感があり面白かったです。

実際に鳥人間コンクールというのがあるので、映画ではありますがドキュメント感覚でも見れました。

土屋太鳳さんは天真爛漫な役をさせたらぴか一ですね。

他の映画の「兄に愛されすぎて困ってます」もハマり役でしたし、恋に不器用だけど思い込んだら一直線なのが可愛らしくてつい応援したくなる気持ちでこの映画も見ました。

芸人枠?、コロコロチキチキペッパーズのナダルもOB役で出てたけど、あの胡散臭い感じが映画でも絶妙で面白かったです。

★★★☆☆

トリガールは土屋太鳳ちゃん主演の映画です。

トリガールってタイトルの通り、鳥人間コンテスト出場を舞台にした作品です。

いつもはしっとりとした大人しいイメージですが、明るくハキハキした土屋太鳳ちゃんが見られるのでイメチェンが良かったです。

★★★☆☆

見ていて元気になれる!

ザ!青春物語で、今まで周りに流されてなんとなく生きてきた女の子が、夢中になれるものをみつけて、本当に活き活きとしている姿に、胸が熱くなりました。

何かに一生懸命に成し遂げる姿って、美しいです。

お笑いに走ってるような、面白い場面も沢山あり、とにかく笑いました。

笑えて、泣けて、なんだか元気になる!!
そんな最高のドラマです。

また、出ていたキャストさんの、キャラクターがそれぞれいろんな味があって楽しいです!!

1つ、いうなら、もう少し、人力飛行機やトリガールについての説明があればよかったかな。

全くみたことのなかった私にとって、少し不明点はいくつかありました。

★★★★★

泣ける映画

トリガール、私が思っていた以上に面白かったです。

もう一度見に行きたいと思うぐらい楽しかったです。

笑える場面が多く、泣ける場面もあり、笑ったり泣いたりと忙しいストーリーでした。

最後は泣けます!

おススメです。

★★★★★

間宮祥太朗と土屋太鳳の演じていた性格の合わないコンビが、日々の練習を通してお互いの気持ちをぶつけ合ったりしながら、どんどん成長し息が合うようになっていく姿が描かれている映画なので凄く感動したし面白かったです。

★★★☆☆

主人公を応援したくなる

土屋太鳳 さんが入試に受かってはじめての大学の登校の日、バスに乗ったらめがね男子ばかりでその時の土屋太鳳 さんの咄嗟の一言「めがね市場」ちょっと印象的でした。

あと土屋太鳳 さんが自転車で20kmの登校していたというやくどころですが、なかなかわたしにはできないと確信しました。

相当の体力ですね。

そんなに体力を使うとおなかがすいて焼肉が食べたくなりますね。

最初は主人公である土屋太鳳 さんが学校に馴染めない感じだったけど早くパイロットのトリガールなってほしいという親しみの気持ちを持てる映画でした。

★★★★☆

総合評価

4/5 (1)

あなたの感想もお聞かせください

この作品の評価を5段階で投票してください(星が多いほど高評価)。

コメント等ありましたら、下記コメントフォームよりお待ちしております。

トリガールの動画を無料視聴する方法

ムビ子
「トリガール!」話題だけどまだ見たことないから見たいなぁ
ムビ子
ネットに無料動画とか上がってないかしら?
動画ネコ
無料動画は危険だニャ
ムビ子
え?何で?
動画ネコ
あれは違法アップロードされた動画で、ウィルスに感染する危険があるニャ
ムビ子
そ、そうなの!?
動画ネコ
それに、ダウンロードと同時にアップロードされるソフトもあって、それで違法アップロードの罪に問われるケースがあるから注意だニャ
ムビ子
そんな…!
無料動画を見ただけで逮捕されるのなんて嫌だわ!
動画ネコ
あと単純に画質が粗いし、広告いっぱい出てストーリーに集中できないニャー
ムビ子
はぁ…じゃあ諦めるしかないわね
動画ネコ
無料で見れる方法知ってるニャ
ムビ子
でも、ネット上の動画はいろいろ危険なんでしょ?
動画ネコ
違うニャ。
公式の動画配信サービスを使うんだニャ
ムビ子
それって月額料金がいるやつでしょ?
お金出して見るほどじゃないのよねぇ…
動画ネコ
実は今だけ無料で見ることが出来るのニャ
ムビ子
え!?
そうなの!?

「トリガール!」は、「TSUTAYA DISCAS」という動画配信サービスで無料で見ることが出来ます。

本来月額2417円(税抜き)かかるサービスなんですが、今なら30日間の無料お試しキャンペーンをやっているので、実質無料で見ることが出来るんです。

視聴するには540ポイントが必要になりますが、初回1080ポイントがプレゼントされ、それを使うことが出来るので問題ありません。

私も実際に試してみましたが、無料期間中に解約すれば料金は一切かかりませんでした。

もちろん、優良のサービスになるので、お試し期間で気に入れば、継続して利用することも出来ます。

↓↓↓

「トリガール!」の無料視聴はこちらから
※入会から30日間が無料期間となります。

ムビ子
こんな方法があったなんて…!
動画ネコ
広告とか出ないし快適ニャー
動画ネコ
しかもスマホでも見れるから便利だニャ
ムビ子
本当に無料なの?
動画ネコ
新規登録後30日間は無料で使えて、その期間内に解約すれば料金は発生しないニャ
ムビ子
他にどんな映画が見れるの?
動画ネコ
TSUTAYAにある映画・アニメが約8,000本無料で見れるニャ

※新作・準新作などを除く 動画見放題対象作品 (約8,000タイトルの中から)

▼TSUTAYA DISCASで見れる作品
兄に愛されすぎて困ってます
orange-オレンジ-
青空エール
人狼ゲーム ビーストサイド
アルカナ
赤々煉恋
PとJK
フラガール
ちはやふる

※上記はほんの一部です

数日後…

ムビ子
すごい!
本当に無料で見れたわ!
ムビ子
他の映画やアニメも見れるから、この期間いっぱい見まくるわよ!
動画ネコ
喜んでくれたみたいで良かったニャ
動画ネコ
無料キャンペーンはいつ終了するかわからないから、今のうちに登録しといて良かったニャ
↓↓↓

TSUTAYA DISCASの無料お試しキャンペーンはこちらから
※入会から30日間が無料期間となります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ