嘘を愛する女 3/5 (1)

映画「嘘を愛する女」は、2018年公開の日本映画で、実話を元にしたストーリーとなっています。

「TSUTAYA CREATERS’PROGRAM FILM 2015」のグランプリを獲得するなど、高い評価を得ています。

今回は、そんな「嘘を愛する女」のあらすじ、キャスト、主題歌、評価・感想をまとめてみました。

-----スポンサーリンク-----

嘘を愛する女のあらすじ

キャリアウーマンの川原由加利は、恋人の小出桔平と同棲して5年。

そんなある日、桔平が倒れたと警察が知らせに来た。

病院へ向かうとくも膜下出血で昏睡状態になった桔平がいた。

すると警察は桔平の免許証が偽造されたものだと言い出す。

由加利は私立探偵を雇い、桔平の真実を探ろうとするが…。

引用:Wikipedia

嘘を愛する女のキャスト一覧

キャスト
川原由加利 長澤まさみ
小出桔平 高橋一生
海原匠 吉田鋼太郎
木村 DAIGO
心葉 川栄李奈
マサコ 黒木瞳
綾子 野波麻帆

嘘を愛する女の主題歌

つなぐもの
松たか子

嘘を愛する女の評価・感想

「嘘を愛する女」を実際に見た方の評価・感想をまとめてみました。

評価は5段階で、★の数が多いほど高評価となります。

最後まで気になる展開

もしも愛した人の経歴など全て嘘だったとしたら…それでもその人を愛し続けられるのか?っていう、究極のラブストーリーです。

わざと嘘をついているのか?
何を隠しているのか?
彼は何者なのか?
彼の目的は?

…など見ている観客側も引っ張られるミステリー要素も面白かったです。

★★★★☆

5年間同性していた恋人の運転免許証など偽造されたもので、名前や職業など何から何まで嘘であったという設定が興味深く、なぜ恋人に嘘をつかなければならかったのかドキドキしながら最後まで飽きることなく見れてとても面白かったです。

★★★★★

大河ドラマや朝のTV小説で人気になった高橋一生さんが主演と聞いて見に行きました。

長澤まさみさん演じる主人公と同棲していたので、そろそろ結婚して、その間に嘘がばれていくのかなと思っていたら全然違いました。

いきなり一生さんが失踪、実は名前や職業も偽りだったと知り、探偵を雇って長澤さんが色んなことを知っていくのですが、人の過去や秘密が徐々に明らかにされていくって怖い物見たさの感覚があり引き込まれた映画でした。

ラストは情緒のある終わり方でいいなぁと思いました。

★★★★☆

レンタルビデオの大手・ツタヤによる企画コンペで、賞を獲得した企画だけあって、話がギュッとコンパクトになっていて良かったと思います。

ミステリー的形式を取っているところが、観る側を飽きさせない「仕掛け」になっていました。

★★★☆☆

愛について考えさせられる映画

俳優の高橋一生さんが演じる「小出桔平」が倒れた事から嘘に気付いた事から、女優の長澤まさみさんが演じる「川原由加利」が嘘の真相を知ろうと行動を始めますが、この物語が愛している人が言っていた事が全て嘘だとしたら、その嘘をついたのは何故かを知ろうと思う気持ちがある程に、相手の事を愛しているのか、と問われているように感じました。

★★★★☆

誰でも嘘をつく。
それが悪意のある嘘でも、相手を気遣う嘘でもだ。

でも、警察が家に来て、名前が違うと言われれば、私なら別れてしまうかもしれない。

「どんな人でも愛します」というのが、本当の愛だとは思わない。

★★★☆☆

恋愛とは何かを考えさせられる作品でした。

ひょっとしたら事がきっかけで知り合った人物と付き合うようになり、でもその相手の過去が実は嘘だったりしても、相手のことを思えるのかと思うと自信が無いなあと思いました。

長澤まさみさん演じる主人公が高橋一生さん演じる恋人のこれまでの人生をここまで探すほど、人を気にする事が出来るのかと深く考える事ができました。

人をなかなか好きにならない私にはとても興味深い作品でした。

★★★★☆

かなり長澤まさみさんが好きなので楽しみでした。

タバコを吸う仕草やお酒飲む姿もとてもかっこよくていい映画でした。

本気の恋愛とは。と考えてしまう内容でした。

もし自分が同じ立場でも同じことをするだろうか、考えるだろうかと思いながら見ました。

ゆったりと見れました。

★★★☆☆

キャストの演技が素晴らしい

長澤まさみと高橋一生の共演はやはり安定した演技力と存在感でとてもよかったです。

彼の素性が全て嘘だった中で、彼が何者なのかを知ることにした彼女と最後に残ったもの、それが暖かくて最後の真実にはなるほどと思いました。

よくできた構成でしたが、途中ホラーかと思うようなシーンがあり、夜眠れなくなるんじゃないかというほどのトラウマになりそうなシーンが1部ありました。

それ以外はとても面白く、流れるように見終わってしまいました。

人生のリセットができるのかどうか、自分についても見つめ直したくなりました。

★★★★★

結構面白かったです。

恋人の経歴がすべて嘘だったという設定から引き付けられるし、映画自体も見ていてスーっと自分の中に自然なながれで入ってくる感じがしてすごく見やすかったです。

やはりキャスト達の演技力も高かったです。

ストーリー的にもキャスト達の演技力はなかなか高くないとダメだと思っていたけど、このキャストにハズレはなかったと思います。

★★★★☆

主人公に共感

予告を見たときから謎めいていて面白そうだと思いました。

実際に見てみると、ミステリー要素よりも恋愛の要素の方が強かったように思います。

もっと、高橋一生演じる小出桔平の心情や川栄李奈演じる心葉のことを描いてほしかったです。

長澤まさみ演じる主人公の現実を直視できない、嘘を嘘だと認めたくない気持ちには、すごく共感ができました。

★★★☆☆

マイナス評価

劇場で友人と観に行きました。

大好きな人の謎めいた部分を見つけたい女性の苦悩を描いてますが、長澤まさみさんの演じる主人公の女性がなぜか勝手に暴走して粗探ししてるようにしか見えません。

だからなぜか共感できない仕上がりになってるように感じました。

なぜかみな同じ演技に見えてしまうのが残念でなりません。

★★★☆☆

予告を見てミステリーな感じがしたので、面白そうだと思っだけど、ほとんど主人公と探偵の旅!って感じがしました。

失踪する原因もあの状況で失踪してしまうの?!
その辺りを重点した方がいいなと思いました。

★☆☆☆☆

長澤まさみの演じる由加利は気が強いけれど感情表現が下手な女性。

それでいてナレーション的な説明もないので彼女の心の動きについていくのは難しかったです。

人生経験が豊富な方なら汲み取れる部分が多々あると思いますが、私はついていけなかった…。

好き嫌いがはっきりと分かれそうな映画だと思います。

★★★☆☆

んー何だろ、、、
期待してた感じとは違ってた。

もちろん長澤まさみさんはキレイだし高橋一生さんはかっこよかったけど、話の流れの展開が長過ぎて途中ちょっと見飽きた感じが。。。

でも、吉田さんの演技は所々で迫力あったり笑えたりで良かったと思います。

★★★☆☆

総合評価

3/5 (1)

あなたの感想もお聞かせください

この作品の評価を5段階で投票してください(星が多いほど高評価)。

コメント等ありましたら、下記コメントフォームよりお待ちしております。

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ