ウォーターボーイズ【ネタバレ】

映画「ウォーターボーイズ」は、2001年に公開された日本映画です。

監督は矢口史靖。
主演は妻夫木聡、玉木宏、三浦哲郁、近藤公園、金子貴俊。

今回は、映画「ウォーターボーイズ」のあらすじをまとめてみました。

ネタバレを含んでいますので、ご覧の際はご注意ください。

-----スポンサーリンク-----

シンクロの始まり

唯野高校水泳部、唯一の部員である鈴木は高校最後の大会にビリで終わり、ひっそり水泳部を引退しようとしていた。

そんな廃部寸前の中、新しく赴任してきた美人教師の佐久間が水泳部の顧問を名乗り出ると佐久間目当てに部員が殺到して一気に大所帯となる。

威勢よく練習に励む部員たちであったが、佐久間はとある爆弾発言をする。

「私がやりたいのはシンクロなの」と。

その話を聞いた部員たちは一斉に散開。

残ったのは鈴木、佐藤、太田、金沢、早乙女というたった5人のメンバーだった。

残されたメンバーでしかたなく練習を始めるものの発起人である佐久間が突然産休に入ってしまう。

5人でシンクロ

頼みの綱を失った5人は佐久間が勝手に応募した文化祭に一度は辞退を申し出るが、周囲のバカにする声をはねのけようとシンクロ続行を決意する。

しかし彼らがプールに戻った時、プールはバスケ部の釣り堀となっていた。

もしプールを返して欲しければプールの魚を全部捕れ、と無謀な注文をつけるバスケ部員。

その夜、鈴木は4人を集めてプールに集合した。

プールの水を抜き、魚を全部捕るという計画を実行するが失敗に終わってしまう。

魚が大量死し、弁償を求められた鈴木は文化祭でシンクロ公演をしてそのチケット代で弁償することを業者の磯村と顧問の杉田の前で宣言する。

後日、なんとか復活したプールで練習を再開する5人。

順調とはいかないまでも練習を続け、ある日、杉田と磯村に練習の成果を発表する。

だが、ここでも彼らは失敗してしまう。

業を煮やした杉田と磯村にシンクロ公演の話をなかったことにされ、さらにこの失敗を機に彼らはバラバラとなる。

-----スポンサーリンク-----

活動中止と水族館合宿

活動中止となる中、鈴木は夏休みの予備校で桜木女子高の静香と出会い付き合うことに。

ある日、デートで水族館に行った鈴木は優雅にイルカをあやつる磯村と再会し、シンクロを教えて欲しいと懇願する。

鈴木は磯村のもとで合宿をするため、4人を集めてバスに乗り水族館へ向かう。

しかしそこで待っていたのは合宿とは名ばかりの雑用タダ働きであった。

長引く雑用に我慢の限界を超えた5人は磯村に本気で教える気があるのかと問いただす。

もうだませないと悟った磯村はしかたなくシンクロを教え始める。

磯村のもとで本格的なシンクロの練習がスタート。

ある日の海での練習中、人が溺れていると通行人に勘違いされ救急車を呼ばれてしまうが、実は溺れていたのではなく、シンクロ公演の練習をしていたのだとインタビューされた映像がニュースで報道される。

水泳部をやめてしまった部員と杉田もそのニュースを観ていた。

彼らの演技をみてみたくなっちゃうと女性キャスターが発言し、5人を羨ましがる元水泳部員。

学校が始まり、合宿から戻った5人は杉田から正式にプール使用の許可とシンクロ公演の許可を得る。

大喜びしてプールに行くと、そこには辞めてしまった水泳部員たちが大勢待っていた。

戻ってきた水泳部員たち

仲間に入れてくれという彼らを加え、再び水泳部は大所帯に。

新体制となった水泳部を5人がリードして教えていく。

シンクロ演技、陸ダンス、マスゲーム、演出とチーム一丸となって練習していく彼ら。

練習と並行し文化祭の広報活動もしていた鈴木は静香のいる桜木女子高と文化祭の開催日が同日であることを知ってしまう。

そして迎えた文化祭前夜。

鈴木は静香とデートし、そこで文化祭に行けないことをお互いに話す。

その最中に起こる騒ぎ。

唯野高校から火が出ているという声がし、鈴木がそのほうを見ると唯野高校付近から火の手があがっていた。

静香をその場に残し、自転車で走り去る鈴木。

鈴木が唯野高校に着くと、プールの水が消化のために使われていた。

佐藤、太田、金沢、早乙女、とプールで合流し、プールを見つめる中、とにかく注水してみるしかないと話す鈴木。

しかし文化祭当日となる翌日になってもプールの水は戻らなかった。

落胆する水泳部員たち。

と、そこへ桜木女子高の文化祭実行委員が彼らに声をかけてくる。

文化祭実行委員をプールに通すと彼女たちは桜木女子校のプールを使わないかという提案をしてきた。

その提案に大喜びする唯野高校水泳部員たちはさっそく準備をし、桜木女子高へと大移動を開始。

-----スポンサーリンク-----

感動のシンクロ公演

無事、桜木女子高のプールに到着した彼らは急いで水着に着替え、スタンバイしていく。

だが、次々とメンバーがスタンバイしていく中、鈴木は着替えられず、挙句の果てにやっぱりやめる発言をする。

客席からはシンクロ!シンクロ!シンクロ!のコールが鳴り響き、客席には静香の姿も。

客席のボルテージが上がっていき、ついにシンクロ公演が始まるが、鈴木は動けないままでいた。

椅子に座り、うなだれている鈴木のもとに磯村がやって来て鈴木を口説き始める。

磯村の話を聞き心開いた鈴木は颯爽とプールサイドから登場して勢いよくプールの中へダイブ。

シンクロ公演に途中参加する。

そしてシンクロ公演は順調に進行していき、フィナーレを迎える。

佐藤、太田、金沢、早乙女のタワーは完成しているものの鈴木はタワー直前に水着が脱げてしまっていた。

水着を探す鈴木。

心配そうに見つめる4人。

と、そこへ観客席から見守っていた静香が鈴木のもとに手作りの水着を放り投げる。

それをつかんだ鈴木は急いではいてタワーを完成させる。

プールには5つのタワーができあがった。

最後に全員でプールサイドにあがり、観客にあいさつをして退場していく。

こうして唯野高校水泳部はシンクロ公演を無事成功させたのである。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ